箱根駅伝2015ライブ城西大村山紘太は8人抜き!花の2区復活


スポンサーリンク

[箱根駅伝 速報] ブログ村キーワード

2015年1月2日。 第91回箱根駅伝。

2区に一番乗りしたのは駒沢大学。

2区を走るのは村山謙太(4年)。

城西大の村山紘太(4年)の双子の兄。

村山謙太(4年)は去年足をけいれん。

区間記録は2位に終わった。

今年はけいれんが起きてもペースは崩さない。

最後の箱根駅伝にかける思いは強い。

城西大の村山紘太(4年)は何人抜き?

2区のタスキをつないだ時、順位は16位。

2区の8.3キロ付近。

城西大の村山紘太(4年)は13位だった。

前だけを向いて無心で走る。

目標はもっと先。

拓殖大を抜いた後、給水ととる。

この時点で区間記録は1位だと聞かされる。

トップは駒沢大と東洋大

駒沢大の村山謙太(4年)と東洋大の服部勇馬(3年)は並走。

共に1位。

途中、駒沢大の村山謙太(4年)が1歩リードするがその差は小さい。

権田坂を超えて下りに差し掛かった。

ペースを上げたのは駒沢大の村山謙太(4年)。

ここでトップになり、第2集団とも差をつけたい。

東洋大の服部勇馬(3年)との差は開いた。

2区19キロ付近のトップ争い

駒沢大の村山謙太(4年)が優位だと思った。

コースは平坦な道に変わっていた。

東洋大の服部勇馬(3年)がペースアップ。

2015年箱根駅伝。

村山謙太の敵は痙攣じゃなかった。

19.5キロ付近の城西大 村山紘太

城西大の村山紘太(4年)は中央学院大と大東大を抜く。

しかし、大東大にまた抜かれた。

疲れが出たのか。 ペースが落ちているのかも・・・。

しかし、登り坂で箱根駅伝2015(4年)が前に出た。

ここで終われない。

戸塚の壁 2区の終盤。

選手に立ちはだかるのは「戸塚の壁」。

1位は東洋大の服部勇馬(3年)。

駒沢大の村山謙太(4年)との差は開いた。

3位の青山学院に飲まれそうな駒沢大の村山謙太(4年)。

3区の1位通過は東洋大

東洋大の服部勇馬(3年)は1位でタスキをつなぐ。

続いたのは駒沢大の村山謙太(4年)。

そして、青山学院の一色恭志(2年)。

駒沢大と青山学院は同タイム。

城西大の村山紘太(4年)は8人抜き

タスキを外してスパートをかける城西大の村山紘太(4年)。

城西大は8位で3区を通過。

8人抜きを達成できた。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー