ミになる図書館トリンドル玲奈がキャスティングされた訳とは


スポンサーリンク

[中居正広のミになる図書館] ブログ村キーワード

7月7日の中居正広ミになる図書館。

知らなきゃ良かった事実を暴露。

暴露するのは映画監督の園子温。

何を暴露するのか?

園子温監督、現在個展中

モニターに映る園子温監督。

現在高円寺で個展を開催中。

個展「ひそひそ星」からの中継。

映画監督だけでないアーティスト園子温。

そこに注目した個展は7月26日まで。

映画「リアル鬼ごっこ」

山田悠介原作の「リアル鬼ごっこ」

園子温が脚本・監督で製作。

主役に抜擢されたのはトリンドル玲奈

今回のゲスト。

トリンドル玲奈にとっては初めての主演作映画。

死ぬ以外は何でもやる

映画「リアル鬼ごっこ」

最初の撮影は森の中のシーン。

トリンドル玲奈が森を疾走する。

このシーンのテイクは5回。

シーンの撮影後、トリンドル玲奈の足は傷だらけ。

一生残るのではと思えるほどの傷。

「どうして言わなかったんだ・・・」

死ぬ以外は何でもやる。

トリンドル玲奈はそう臨んだ作品だったから。

手は抜けなかった。

トリンドル玲奈が感動した言葉

映画「リアル鬼ごっこ」の本読み。

トリンドル玲奈は初めて園子温監督に会った。

どうしても聞きたいことがあった。

本読み後、勇気を出して園子温監督に聞いた。

「どうして私なんですか」

園子温監督は何度も「大丈夫だよ」と言ってくれた。

そして「お前しかいない」と。

「死ぬ気で頑張ります!」

園子温監督の言葉に感動したトリンドル玲奈。

この気持ちが最初の撮影シーンに表れている。

トリンドル玲奈が知らなきゃ良かったこと

園子温監督からトリンドル玲奈への告白。

それは・・・。

「別のプロデューサーのキャスティング」

笑うしかないトリンドル玲奈

中居正広からは「くそじじぃ!」

トリンドル玲奈を選んだのは園子温じゃなかった。

製作委員会がキャスティング。

モチベーションが下げたくなかった。

結果的にはいい嘘になれた。

次回作も組みたい女優

トリンドル玲奈を選んだのは園子温ではない。

でも、トリンドル玲奈で良かった。

心から思った園子温監督。

次の映画の主役もしてほしい。

誰よりも一緒に組みたい女優。

山田優よりも沢尻エリカよりも。

園子温監督が木村拓哉の悪口?

園子温監督が木村拓哉の悪口を言っている。

そんな噂がある。

真相はどうなんだろうか?

木村拓哉が映画の世界からいなくなればいい。

そんな発言をしたのだろうか?

「あれ、東スポなんで」

否定する園子温監督。

安易にキャスティングするな。

プロデューサーにカツを入れただけ。

作品のイメージを重視してほしい。

安易にキャスティングしてほしくなかっただけ。

それだけなんだけど東スポ、怖い!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー