こんなところに日本人5月2日永島敏行がアイルランドの小さな村で幸福の意味をみつけた!


スポンサーリンク

[こんなところに日本人] ブログ村キーワード

アイルランドの田舎で歩く!歩く!

ダウラ村はとっても小さい。

ダウラ村の人口は160人。

スーパーで情報収集することに。

ここから5キロほど歩いたところに日本人女性が住んでいるんだって。

車がないと言ったら、近くまで車で送ってくれるって。

走り始めて5分。

この先に家ががあるからって、ありがとうって降りたけど、ここからが長かった。

家が見えないけど、一本道をひたすら歩く。

ゴミ箱発見!人が住んでいることがわかって安心よね。

でも、ほんと不安になるくらい歩いたわ。

そして、門を発見!

ロウ妙子さん(39歳)に会えた!

ロウ妙子さんがダウラに来た理由。

20代のころ、仕事づくしだった妙子さん。

自分へのご褒美のために、エステ三昧のバリ一人旅に出たの。

そこで、少年に「あなたの人生の中で、しあわせなときははどんなとき?」と訊かれたの。

妙子さんは答えることができなかったのよ。

今までの人生を見つめなおすことに・・・。

東南アジアの旅に出ると、英語がもっと上手くなりたいって実感した。

それで、イギリスへ留学。

思い立ったらすぐ行動するのが妙子流。

ピーターとの運命の出会い

イギリス留学中に、ビリヤードをするピーターに一目ぼれ。

付き合って半年で子供ができて、2003年に結婚。

そのころ、ピーターが住んでいたのはアパートではなくて、バス。

ピーターは人とは変わったことをしてみたかったんだって。

バスの中での、不便で、狭い生活が二人の原点になったのよね。

自然の中で子供を育てる

出産後、妙子さんの設計で、友達の手を借りながら、家を建てた二人。

今では4人の子どもたちも一緒。

ホームステイと旅の手配、それにWebデザインが二人の仕事。

大自然の中で寄り添って暮らしたい。

何もない中から自分たちで楽しいことを見つけ出す。

小学校までは子どもの仕事は遊ぶこと。

何もなくても、子どもたちは勝手に遊びを見つける。

愛する家族と過ごす時間が一番幸せ。今なら、あの少年の問いに答えられる。

妙子さんはダウラ村で、心の豊かさを取り戻せたのね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー