さよなら国立競技場でのレジェンドマッチで中山雅史がゴンゴール


スポンサーリンク

国立競技場の歴史

1958年に完成した国立競技場。

1964年10月にはオリンピック東京大会が行われました。

この大会が体育の日の始まりですよね。

国立競技場が完成してから、早56年。

その姿が消えるときが近づいています。

2020年のオリンピック東京大会に向けて国立競技場は生まれ変わります。

2014年7月から解体作業が始まります。

SAYONARA国立競技場のイベント

5月31日にはSAYONARA国立競技場のイベントが数々行われました。

午前中には、国立競技場でのファイナルファンラン。

2020人の方々が、国立競技場内のランニングコース(1.4㎞)を周回ランニング。

午後4時からはレジェンドマッチ。

レジェンドマッチでのゴンゴール

サッカー元日本代表選手等が勢ぞろいして、名勝負の再演です。

出場選手は男女混合。

LEGEND BLUEチームとLEGEND WHITEチームに分かれて対戦です。

前半7分、相手ゴール前にいた中山雅史にボールが渡ります。

GKの瀬田龍彦と1対1の勝負。

中山雅史は落ち着いて、GKの下を抜くシュートをゴール!

スタンドは「ゴンゴール」に大盛り上がりです。

中山雅史ははサッカーワールドカップで初めて得点を入れた日本人でもあります。

ここぞって時には決めてくれますね。

ほんとに持っている人なんですね。

中山雅史は2012年に膝の不調を理由に一線を退いています。

サッカーを愛する気持ちは強く、復帰したい気持ちは持ち続けています。

ゴン中山が再び第一線に戻ってくることを期待したい。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー