モニタリング10月9日孝太郎リサーチ関東と関西を比べてみた!


スポンサーリンク

10月9日の孝太郎リサーチ

「もしも無料で持って帰っていいとあったら、いったいどんなものまで持って帰るのか??」

何かと比較される関東と関西でモニタリング。

お米、東京の場合・・・

東京、祐天寺の栄通り商店街。

大きな水槽にお米が入っている。

どうぞご自由にとは書いてあるけど、入れる袋もすくうものもない。

通りを歩く人たちは不思議そうに見るけど、持って帰らない。

米の質を確認する女性。

ただってことに不信感を持っているんだって。

やはり、タダほど高いものはないってことでしょうか。

写真を撮って帰った女性にもインタビュー。

「どうして写真だけで持って帰らなかったんです?」

実はこの女性、モニタリングのファンで水槽の米見てピンと来たらしい。

記念に写真を撮ったのでした。

1時間経過しましたが東京ではお米を持って帰る人は一人もいませんでした。

お米、大阪の場合・・・

大阪、大正区の泉尾商店街。

こちらも水槽にお米。

開始2分で、若い夫婦が近づいてきた。

さすが大阪自前の袋を広げ、お米を素手で入れる。

夢中で米を入れる妻を優しく見守る夫。

奥さんに話を聞いてみた。

怪しいなと思ったんだけど、ちょうどお米がなくなったのでラッキー!だったそうだ。

自転車でやってきた男性がカゴから取り出したのは炊飯器のお釜。

きっかり5合いただきました。

スタッフがどうしてお釜があるのかと聞くと、 家に帰って持ってきたそうだ。

次は子供連れのお母さん。

子供たちがお母さんのために、袋に詰め始める。

トートバッグに直に入れている。

米は洗えば食べられる。

たくさんの袋に詰めてお米も残りわずかに。

お母さんの指導で水槽を斜めにして最後まできれいに持って行きました。

たくましいですね。

お母さんにお話を聞いてみました。

みんなすごく持って行ってたから・・・とのこと。

もっと早くくればよかったとも言っていましたね。

大阪ではお米は30分でなくなりました。

では、普通あまり使い途のなさそうな卓上ベルではどうでしょう。

東京、卓上ベルの場合・・・

テーブルに置かれた10個の卓上ベル。

女性がベルをチンと鳴らす。

音を確かめて持って帰った。

何に使うのだろう?

「孫のアレに」 アレとは何かとは聞かなかったが、1歳2か月のお孫さん。

音の鳴るものに興味があるらしいのだ。

そして、またお母さんが鳴らして持って帰った。

お母さんにも聞いてみた。

旦那が下の階にいるときに、奥さんを呼ぶときに使ってもらおうと考えたらしい。

その後、持って帰る人続出。

お米のときより持ち帰りやすいのか~。

東京では8個なくなりました。

大阪、卓上ベルの場合・・・

自転車に乗った少年が興味を持った。

通りすぎながらも、振り向きながらも気にしているけど、持って行かない。

5分後女の子が持って帰った。

「いい感じですね。友達に見せようと思って」

サンバイザーのお母さん はごく自然に持って帰った。

「家で面白いかなって思って」

子供たちの集団もチーンと鳴らして持って帰ろうと話している。

その脇でベルを持ち帰る男性。

孫に渡してじいちゃんを呼ぶときに使ってもらう。

最後の一個も持って帰った女性たちも遠くの家族を呼ぶときに。

「ごはんよ~って」

教えるのにいいかな? 使い道がないと思ったけど、意外と必要価値があった卓上ベルでした。

大阪では15分ほどでなくなりました~。

東京、生きたタコ5匹と生きたタイ10匹の場合・・・

再び水槽が登場。

タコとタイが泳いで、小さな水族館。

みんな不思議そうに見つめる人々。

ビニル袋を持った親子がやって来た。

タコは要らないという母のために、お兄ちゃんがたが水槽に手を入れる。

タイをゲット!

隣の白髪のお母さんは巨大タコと悪戦苦闘。

でも上手くいかないので、お兄ちゃんに魚取ってとおねだり。

ほかのお母さんからもお兄ちゃんに注文。

お兄ちゃんがまるで魚屋さんのように次々と捕まえて袋の中へ。

あとは巨大タコだけ。

もう袋がないのに獲ろうしている。

袋を持ってきて、巨大タコも捕獲。

ようやった!

しかし、タコが大きすぎた。

袋が破れて、逃げるタコ。

逃げるタコ。

袋がダメなので、ボールで運ぶことに。

このタコはだいと君ちのお寿司屋さんに行くそうだ。

タコとタイは40分でなくなりました。

大阪、生きたタコとタイの場合・・・

スタッフが準備している間、すでにたくさんの人が遠巻きしている。

スタッフがいなくなると待ってましたとばかりに集まってきた。

びしょ濡れになりながら、タイを捕獲した男性。

しかし、タコが欲しいと言われてします。

残念。

いらなくなったタイを隣の女性がお持ち帰り。

怪しいとは思わないらしい。

これが大阪人のサガってやつらしい。

タコとタイを素手で持ち帰る男性二人にインタビュー。

タイは逃げるし、タコは吸い付くでたいへんなんですけど、 これからパーティーなんでちょうどいいらしいのだ。

スタッフがインタビューから戻ると水槽の中はカラに。

大阪約8分での出来事でした。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー