とくダネ10月29日レイエあくとりスプーンでプロとあくとり対決


スポンサーリンク

あくとりスプーンの理想形を女子社員で追求してみた!

卵型にすることで鍋との接点が点から面へ。

スリットをつけたことで、大事なスープをスムーズへ鍋に戻せる。

スプーン表面は株式会社金原(燕市白山町)の職人さんが丁寧に磨きあげる。

アクの取りやすさにこだわりぬいた理想のあくとりスプーンができあがった。

理歴7か月の主婦と料理研究家・高城順子であくとり対決

対決時間はわずか1分。

普通のおたまを使うプロと理想のあくとりスプーンをつかったアマの対決。

軍配は、勿論あくとりスプーンを使った料理歴7ヶ月の主婦へ。

使う人を選ばないすぐれものであることが証明された。

新潟燕三条の職人技

柄とスプーン本体につなぎ目のないステンレス一体型。

新潟燕三条は磨き、研磨の職人の街。

どんな細かい部分でも磨き上げる技術はipodの鏡面加工でも力を発揮しました。

僅か、1620円の商品にここまで心を込める。

これが日本だなと再認識しました。

商品名:leye<レイエ>あくとりスプーン

  • 価格:1,500 円(税抜)
  • サイズ:幅5.4×全長23.3cm
  • 材質:18-0 ステンレス
  • 目標販売数:30,000 個/年

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー