世田谷事件今日30日で14年目FBIプロファイラーが犯人に迫る!


スポンサーリンク

14年前の事件の真相を求めて

12月28日世紀の瞬間未解決事件。

2000年年の暮れに起きた世田谷一家殺害事件。

未だ犯人は捕まっていない。

事件を解決するため緊急来日したのは、
元FBIプロファイラーのサファリック。

滞在時間は5日間。

彼は犯人に近づけるのか?

第一発見者は母親

宮澤家の隣には妻泰子さんの母親が住んでいた。

おせち料理を作ろうとしたが、白だしがない。

隣に白だしをもらうことに。

電話をかけると折り返ししてくれるはず。

しかし、何度も電話したが折り返しなし。

直接取りに行くことに。

鍵はかかっていたので、合鍵で玄関に入った。

そこで異変を感じた。

1階の階段下で娘の夫のみきおさんを発見。

クの字に曲がって倒れていた。

中2階には娘の泰子さんと孫のにいなちゃん。

泰子さんは重くて起こせなかった。

にいなちゃんを抱き起したが反応がなかった。

子供部屋では礼くんが首を絞められていた。

通報したのは隣の入江さん

母親が血相を変えて家に戻ってきた。

隣が大変なことになっている。

入江杏さんは夫にも声をかけて隣りへ。

後から来た夫が事態の重要性を認知。

妻に事件現場を触らないように注意。

中学生の息子も来ていたが家に帰した。

家に戻り、警察に通報。

宮澤みきおさんの父親

みきおさんの父親は訳もわからずに世田谷に来た。

何かあったことしかわからない。

世田谷では警察やメディアでごった返していた。

家に入れないまま警察から事情聴取を受ける。

みきおさんの勤め先は?

昨日の夜はどうしていたのか?

家には鑑識中なので入れない。

鑑識中?

想定外の事件が待っていた。

警視庁の見立て

玄関には鍵掛かっていた。

風呂場の窓は開いていた。

窓の外には網戸が落ちていた。

犯人の足跡らしきものもあった。

子供部屋の礼くんには血の跡がなかった。

最初に礼くんを絞殺。

階段下でみきおさんを刺殺。

泰子さんとにいなちゃんを中2階で刺殺。

カップアイスをスプーンを使わずに4つ食べた形跡。

水を張られた浴槽には引き出しの中身をばらまく。

夜中の10時と1時にパソコンを使用。

遺留品も多かった。

椅子にはダウンジャケットが掛けられていた。

靴はスラセンジャー。

外国人の可能性もあった。

指紋や掌紋も多く出たが犯罪歴がなく特定できない。

DNAも検出されたが、犯人は捕まっていない。

犯人は15歳から35歳くらいの男性。

170センチ位で、血液はA型。

元FBIプロファイラー マック・サファリックが分析

犯行現場の痕跡を徹底分析して犯人を見つける。

世田谷一家殺害事件に酷似していた事件を解決していた。

ベーカーズフィールド一家殺害事件。

1家5人が亡くなった事件だった。

書類が散乱している点も似ていた。

サファリックに期待が寄せられた。

サファリックの日本での相棒

朝日テレビの報道記者、猪ノ口克司朗。

12月9日空港でサファリックを待っていた。

彼が日本に滞在する間サファリックの相棒に。

サファリックは空港から直接犯行現場へ向かう。

5日間しか時間がないのだ。

夜8時半世田谷の犯行現場。

警察が24時間警備を行っている。

取材許可を得ていることを説明。

確認する警察官。

家はカバーで覆われていた。

老朽化し、壁が壊れかけているのだ。

近くには大きな公園。

スケートボードで遊ぶ若者。

ここら辺は公園化が決まり住宅は消えていた。

宮澤家も近々引っ越し予定だった。

犯人が侵入したであろう風呂場の窓を案内。

窓の下には給湯器。

これを足掛かりに登ったと思われる。

当時、近くにあった木の枝は折れていた。

かかとの痕もあった。

犯行現場をCGで再現

第一発見者が見た状況を再現したCG。

カップアイスの位置などを気にする。

みきおさんの体の上には引き出しが乗っていた。

2階の泰子さんの体には大量の衣服。

実際にどのように乗っていたのか知りたがる。

犯人は顔見知りしかも殺害目的だったことを指摘。

サファリック 日本法医学者と面会

日本法医学者である杏林大学の佐藤喜宣教授。

佐藤喜宣教授から聞きたいことがあった。

殺人事件で柳刃包丁が使われた場合の動機は?

柳刃包丁のような鋭利な刃物が使用される場合、
考えられる動機は怨恨。

強い殺意を感じる。

子供を殺すことも厭わない強い殺意。

12月12日 新たな情報

世田谷一家殺害事件で新たな情報が入った。

それはニュースでも流された。

マウスが落ちた衝撃でもパソコンは誤作動を起こす。

その可能性が高いことが判明した。

犯人は夜のうちに逃走した可能性が高くなった。

侵入経路は風呂場なのか?

サファリックの疑問。

網戸は壊れていたのだろうか?

猪ノ口克司朗が疑問に答える。

壊れていなかった。

網戸は外からでも外せるタイプ。

真冬に風呂場の窓を開けていたのだろうか?

気温6度くらいになるのに、窓は開けていないはず。

窓から侵入するとは考えにくい。

侵入経路は玄関。

元警視庁管理官との面会

12月13日最終日。

元警視庁管理官・廣瀬泰教と会う。

サファリックの質問をぶつけた。

質問1 当初考えていた侵入経路は?

「家庭の侵入経路に壊されているところはなかった。」

風呂場に指紋や掌紋はあったのか?

「なかった。」

質問2 みきおさんの遺体の状況?

引き出しが乗っていたがどうのような感じだったのか?

引き出しが乗っていたと証言したのは第一発見者。

捜査員はその状態を確認していない。

物を乗せていた場合、「非人格化」が考えられる。

「非人格化」とは人を物に変えるように人の人格を奪うもの。

CGでは足の形は曲がっているように見えるが・・・?

「実際にも曲がっていた」

質問3 泰子さんにかかっていた衣服は?

どこを隠していたのか?

頭に掛かってはいなかったか?

「最初は黒っぽい山のように見えたと証言。」

第一発見者の母親は現場を変えてしまっていた。

顔を覆うように掛けられた可能性もある。

質問4 犯人の滞在時間の見直しについて

深夜に逃走した可能性があることについてどう思うか?

「今まで経験した事件では、速やかに逃げるのは当然」

元警視庁管理官・廣瀬泰教と現場へ

移動中の車内。

サファリックの見解が述べられた。

犯人は玄関から招かれた。 対応したのはみきおさん。

隣の家の母親が呼び鈴を聞いていた。

2階のリビングに案内され、上着を脱いだ。

これが椅子に掛けられたダウンジャケット。

返り血が付いてなかった。

ヒップバッグから取り出したのは21cmの柳刃包丁。

1階のみきおさんを襲う。

最初に狙うのは一番脅威な人物。

その後いつでも逃走できるように靴を履く。

次ににいなちゃんに付き添っていた泰子さん。

この時に犯人は負傷。

包丁の刃が壊れたので新たな凶器も必要になった。

リビングに行き絆創膏で手当。

台所で文化包丁を手に入れた。

泰子さんとにいなちゃんを襲ったあと、 礼くんのもとへ行く。

2本の包丁は使い物にならなくなっていた。

犯人は素手で礼くんを殺害した。

廣瀬泰教の意見

礼くんが最後に殺された点には疑問が残る。

しかし、顔見知り説にはうなづける。

きっと犯人だけの理由があった。

宮澤家の人々が気づかないこと。

捜査上にも浮かばない些細なこと。

見逃している・・・。

犯行現場付近での目撃証言

目撃証言1 公園を歩く不審な男

夜10時頃に犬の散歩に来ていた女性が目撃。

白っぽいジャージ姿の男。

愛犬をにらんで消えていった。

金髪、17歳から19歳位。

見かけたのはこの日だけだった。

目撃証言2 不審車両

宮澤家から南方向30m付近。

午後9時ころに黒いセダンを見かけた。

狭い道路にアイドリング状態で停車。

午後11時ころにも目撃されている。

2時間も停車している。

目撃証言3 飛び出してきた男

宮澤家すぐ近くに駒澤大学のグランドがある。

そこから自宅に帰る途中だった。

宮澤家の方から男が飛び出してきた。

危うく轢いてしまうところだった。

男は興奮した様子で、宮澤家を見つめていた。

サファリックは目撃証言3を重要視する。

入江杏さんと対面

12月13日午後5時。

遺族である入江杏さんと会う。

入江杏さんは宮澤家にトラブルがなかったと話す。

仕事上でもプライベートでも。

サファリックが質問する。

”・・・”へ行ったり、 そのような接点は考えられますか?

「考えられなくもない」

「推測では言えないが、 少なくとも礼君の発達障害を気にかけて」

この後は核心に迫る内容なので放送を控える。

サファリックが考える犯人像

20代半ばの日本人。

宮沢家の顔見知り。

メンタル面で問題を抱えている 。

強い怨恨を持っている。

*情報は成城署捜査本部(03・3482・0110)へ

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー