信長協奏曲12月15日10話偽信長のために織田家の血を流すのか?


スポンサーリンク

サブローは偽物

12月15日信長協奏曲は第10話。

最終回目前です。

池田恒興(向井理)はサブロー(小栗旬)が偽信長だと気づく。

しかし、家臣を捨てた光秀=信長を許すこともできない。

誰にも話せず悩む恒興。

ゆき(夏帆)と前田利家(藤ヶ谷太輔)のデート

ゆき(夏帆)の先行きを心配する帰蝶(柴咲コウ)。

誰かとデートしてみては?

前田利家(藤ヶ谷太輔)がゆき(夏帆)をデートに誘う。

前にサブロー(小栗旬)に買ってもらった着物。

あれを着ていこう。

楽しかったデート。

ゆき(夏帆)も人並みの女性になりたいと思うのだ。

木下藤吉郎はすでに死亡

羽柴秀吉(山田孝之)の行動をいぶかる竹中半兵衛(藤木直人)。

秀吉の改名前の名前、木下藤吉郎の素性を調べさせる。

結果、木下藤吉郎は既に死亡が確認。

羽柴秀吉(山田孝之)は誰なのか?

羽柴秀吉の目的は?

Sponsored Link


織田家のため、足利義昭(堀部圭亮)を倒した羽柴秀吉(山田孝之)。

羽柴秀吉(山田孝之)は母親の復讐だった。

その相手は光秀=信長(小栗旬二役)。

しかし、今は信長をに天下を取らせようとしている。

光秀=信長(小栗旬二役)を信長に戻して、天下を取らせる。

その後に自分が天下を捕るのがねらいでは?

ゆき死す

サブロー(小栗旬)をかばって、ゆき(夏帆)が死亡。

サブロー(小栗旬)の油断が、ゆき(夏帆)を死なせた。

戦国時代には人を信じると死につながる。

池田恒興(向井理)の想いは、これ以上偽物のために血は流せない。

サブロー(小栗旬)に城から出るように迫る。

自分の意志で信長になったわけではなかった。

でも、争いのない世の中を作りたかったサブロー。

人を殺したり、だましたりしないで平和を勝ち取りたかった。

信頼していた池田恒興(向井理)に出ていけと言われてショック。

来週は最終回。

秀吉の思惑通りに明智=信長(小栗旬二役)は動くのか?

サブロー(小栗旬)はこれからどうするのか?

見逃せない!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー