2015年本屋大賞ノミネート10作が発表!本命は鹿の王?


スポンサーリンク

[本屋大賞] ブログ村キーワード

2015年本屋大賞ノミネート10作が発表!

今年も本屋大賞の一次投票が終わり、
結果が発表になりました。

ノミネート10作品は以下の通り!

  • 『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎(幻冬舎)
  • 『怒り』吉田修一(中央公論新社)
  • 『億男』川村元気(マガジンハウス)
  • 『キャプテンサンダーボルト』阿部和重・伊坂幸太郎(文藝春秋)
  • 『サラバ!』西加奈子(小学館)
  • 『鹿の王』上橋菜穂子(KADOKAWA 角川書店)
  • 『土漠の花』月村了衛(幻冬舎)
  • 『ハケンアニメ!』辻村深月(マガジンハウス)
  • 『本屋さんのダイアナ』柚木麻子(新潮社)
  • 『満願』米澤穂信(新潮社)

全国の書店員の投票だけで選ばれる本屋大賞。

今年も候補が出揃いましたね。

まだ1次投票が終わった段階。

これから3月1日の2次投票締め切りまで
デッドヒートがくりひろげられます!

大賞発表は4月7日。

2月、3月の間に10冊全部読んでみたい気も。

まんまと本屋さんの戦略に
ひっかかっています。

気になる本は億男!

本の中身というより気になる装丁。

いや、正しくは装画。

イラストレーターの長崎訓子さんが気になります。

そういえば、ペテロの葬列も長崎訓子さんでした。

長崎訓子さんといえば

最近では経営戦略全史というビジネス書が
記憶に新しいところ。

全体のイメージでは

レイブラッドベリやジョン・アーヴィングなんかの
小粋系の小説の装画を担当していたような。

そうそう、著者の紹介を忘れていましたね。

著者の川村元気さんは、元東宝社員の
映画プロデューサー。

小説家としては、世界から猫が消えたならで
デビューし、

億男は第2作目という新進気鋭の作家さんです。

お金をめぐる家族の崩壊と再生がテーマ。

この春、お金がらみのドラマも多い中

改めて考えさせられる作品に仕上がっています。

4月7日の本屋大賞発表が待ち遠しいですね!

 

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー