VS嵐サッカー元日本代表ハンドの不正ラモスの文句に怯える


スポンサーリンク

[vs嵐] ブログ村キーワード

ラモスの不安

2月5日VS嵐。

相手はサッカー元日本代表チーム。

ラモス瑠偉が率いるメンバーは、
三浦淳寛、前園真聖、小倉隆史、武田修宏、都並敏史。

だけどやるのはゲーム。

ラモス瑠偉の脳裏に不安がよぎる。

櫻井翔のテンションアップ

元日本代表を迎えたVS嵐。

喜んだのは櫻井翔。

「ちょっと感動ですね。いやあ、やばいですよ」

嵐チームにはパンサーの尾形貴弘と小島瑠璃子。

バウンドホッケー

サッカー元日本代表チームには武田修宏がいる。

これが不安材料であるラモス瑠偉。

しかし、ゴール前というポジションが
武田もううれしい 。

この状況を説明して、うらやましがられたい。

ラモス瑠偉の不安が当たった。

武田修宏のゴールはわずか2回。

小倉隆史は1回。

武田修宏は「やっぱ決定力が大事だな・・・」

ラモス瑠偉からは「もっと真剣にやれよ!女のことばっかしか考えてない」

お叱りの言葉。

嵐チームのゴール際は松本潤が担当。

ゴールの数は4回。

武田修宏を上回ったが、得点では負け。

ゴールに辿り着く前のミスボールが多すぎた結果。

Sponsored Link


櫻井翔の思い出ポンポン

ジャンピングシューター。

シューターは櫻井翔と尾形貴弘。

キーパーは都並敏史とラモス瑠偉。

櫻井翔にとってはまるで夢のような対戦。

あの有名なドーハの悲劇の前。

小学校5年生の櫻井翔は日本代表チームの練習を見学。

三浦知良など代表選手の中に都並敏史がいた。

櫻井翔の頭をポンポンと叩いてくれた。

少年、櫻井翔の思い出となったのだ。

今は都並敏史とジャンピングシューター。

「もう嬉しい!この状況を説明して、うらやましがられたい」

小島瑠璃子が選ぶのは武田修宏か前園真聖か

サッカー元日本代表チームの中で独身は二人。

武田修宏と前園真聖。

紅一点の小島瑠璃子ならどちらを選ぶのか~。

小島瑠璃子に二人の情報を提供。

武田修宏の特徴

1朝起きたら必ず布団に乾燥機を掛ける。

2革靴のコレクションは100足以上

3 2週間に一度はネイルケアに通う。

女子力が強すぎ、爪ピカピカ。

ラモス瑠偉からは気持ち悪がられる。

さて、前園真聖の特徴は、

1ミニブタを飼っている。

2一日に一個はプリンを食べる。

3バスソルトにはまっている。

ミニブタの名前はセブンちゃん。

仲良く頭を並べて寝ている姿も公開。

小島瑠璃子はどっちを選ぶのか・・・。

すぐさま、「すみません どっちも嫌です」

お気に召さなかったようですね。

小倉隆史、ラモスを責めることできず

ピンボールランナーでは小島瑠璃子がランナーを務める。

ホノルルマラソンでフルマラソンを完走。

走りには自信あある小島瑠璃子。

得点の高いピンクボールもゲット。

得点も上々。

サッカー元日本代表チームのランナーは小倉隆史。

指示はラモス瑠偉が担当。

通常2~3人で指示するんですよね。

それを一人で担当。

無理があったんでしょうね。

結構小倉隆史はボールを取ったんですけどね。

ピンクボールが一個も取れなかった。

これが取れていれば~。

悔やまれる。

小倉隆史はピンクボールの時の指示が遅いと反論。

しかし、責任は「全部、僕です!」

ラモス瑠偉の責任はできない。

「そんなことしたら、こっち向けないでしょ」

怖いんだ~。

ラモス瑠偉が怖いんだ~。

再度、責任は誰にあるのかと訊ねられても、
「全部、僕です」 かなり、怖いらしい。

サッカー元日本代表チームがハンドで反則

GOGOスイーパーの第1回戦。

サッカー元日本代表チームはラモス瑠偉と都並敏史。

カートに乗ってコート内のボールをゴールする。

この時、ラモス瑠偉と都並敏史にハンドの疑惑。

手を使ったのだ。 この指摘を認める。

ラモス瑠偉のハンドは得点として認めない。

都並敏史のハンドはゴールしてないので、お咎めなし。

テンションの高い櫻井翔

GOGOスイーパーの第2回戦。

カートに乗る櫻井翔はご機嫌!

サッカー元日本代表チームと写真と撮ってもらった。

サッカー少年、櫻井翔は大満足!

大野智から冷静になるように、諭された。

キッキングスナイパー パーフェクト連発!

GOGOスイーパーで嵐チームがリード。

最後はキッキングスナイパー。

得意のキックで逆転も可能なサッカー元日本代表チーム。

ラモス瑠偉は「逆転の可能性200%」と自信満々。

武田修宏がいなけりゃね。

武田修宏はGOGOスイーパーのあと嵐チームの楽屋にいた。

自分のチームに帰ったら、叱られる。

ラモス瑠偉の逆鱗に触れる。

それを回避するために嵐チームへ。

武田修宏のキックの順番は一番最後。

武田修宏の前に決めるのが作戦。

最初のターゲットは小倉隆史がパーフェクト。

2つ目は都並敏史がパーフェクト。

3つ目は前園真聖がパーフェクト。

おー! このまま行くのか~。

しかし、4つ目は得点ゼロ。

5つ目は三浦淳宏がパーフェクト。

しかし、最後はゼロ。

極端すぎる。

生きるか死ぬか。

武田修宏とラモス瑠偉は活躍できないまま終了。

コンビ組んじゃうと上手くいかない。

次回は武田修宏を入れずに挑戦するらしい。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー