youは何しに日本へウィルは日本に恋するシアターヨガ講師


スポンサーリンク

[YOUは何しに日本へ?] ブログ村キーワード

4月27日のyouは何しに日本へ。

カナダ出身の歌うヨガyouに密着!

ウイル・ブランダーフィールド

空港でも歌います。

AI「Story」日本語の歌詞も上手。

何度も日本に来ているyou。

今回は「ハダカノツキアイ」がしたい。

金子Dは叶えてあげられるかな?

朝15分の瞑想

翌日、密着スタート。

朝から元気のいいヨガyou。

その秘密は瞑想。

15分間瞑想したから、すっきり爽やか。

歩いている途中でも発声練習。

金子Dのために歌う。

「カネコ、いい人だね」

言葉の意味の奥がなんか深そう。

歌うヨガ教室

一日目は歌うヨガ教室。

本番前に15分間の瞑想。

この時はカメラはシャットアウト。

そして、歌うヨガ教室スタート。

生徒さんと一緒にヨガを始めるyou。

次にピアノの弾き語り。

生歌を聴きながらヨガをする生徒さんたち。

youの歌声でリラックスするらしい。

泣きだす生徒さんたちもたくさん。

youの歌声は魂に響くと感激。

泣くのは感情を解き放つこと。

それは素敵なことだと話すyou。

Sponsored Link


超有名人だったyou

2010年バンクーバー五輪。

浅田真央が銀メダルを獲った大会。

この時のテーマソングを歌ったのがyou。

歌とヨガで世界で有名なのです。

2012年アジア最大級のヨガイベントにも参加。

日本ツアーも定期的に行うyou。

知る人ぞ知るなのでした。

店員オオハシ君

密着2日目11時。

「かつ吉」でランチ。

カキフライを食べるヨガyou。

「すごく美味しい」

亜鉛を含む牡蠣。

体のことを考えてメニューを選択してた。

youの視線が止まった。

店員のオオハシ君。

気に入ったみたい。

今晩のショーに誘っている。

youの好みはエネルギーがある人。

男か女かは関係なし。

でも男性の方が好きかな・・・。

・・・やっぱりか・・・。

店で急に歌いだすヨガyou。

和田アキ子の歌。

「~あの鐘を鳴らすのは~、パンパン、あなた・・・」

これはオオハシ君のための歌。

この日は金子Dがいないんだよね。

シアターヨガで心を一つに

二日目の夜はシアターヨガ。

ステージに立つヨガyou。

お客さんは客席からyouを観る。

youの声に聴き入る観客。

席に座りながら体を動かす。

会場が一つになって動く。

youの歌声がみんなを元気にする。

締めはyouの熱唱。

ここでも涙を流す観客たち。

オオハシ君と再会

シアターヨガの終了。

オオハシ君が来てくれてた。

喜ぶyou。

でもオオハシ君、彼女連れ。

あっという間にウイルは失恋。

彼女の前でキスしたいと言い出すyou。

鼻と鼻のキス。

オオハシ君の彼女とも鼻と鼻でキス。

福島への想い

翌日10:30、郡山。

金子Dに帽子のプレゼント。

この日もテンション高めのyou。

今日は日本での最後のショー。

youは以前チャリティーヨガをしている。

今回はシアターヨガ。

youの歌声で観客を盛り上げる。

みんなに刺激を与えるのがyouの役目。

元気になってもらうために。

喜びと楽しさを届けたい。

みんなにもっとハッピーになってもらいたい。

大盛況でシアターヨガも閉幕。

大好きな金子Dとハダカノツキアイ

今回の日本での目的。

「ハダカノツキアイ」

シアターヨガの終了後、温泉へ。

背中をお互いに流しあっこすることに。

先に金子Dがウイルの背中を。

そして次にウイルが金子の背中。

「大丈夫?痛くない?」

金子Dに気遣うヨガyou。

すると金子Dの背中にキスするウイル。

金子Dはシャワーで反撃。

露店風呂でも歌いだすウイル。

歌いながら踊ります。

もう誰も止められない。

「この旅で金子が一番好き!」

みんなに感謝でいっぱいのヨガyou。

また日本に来ると約束。

でも、その時は別のディレクターで・・・。

金子Dにはきつかったかな?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー