ヒューマンアート紀行中谷美紀パリ鎌倉へロケ地めぐりパリ編


スポンサーリンク

[中谷美紀] ブログ村キーワード

5月2日(土)19:00~20:55に放映された
ヒューマンアート紀行 中谷美紀 パリ、鎌倉へ。

流暢なフランス語を駆使して
自身のパリ自画像を紹介してくれる
中谷美紀。

半年間住んでいたポンヌフの
屋根裏部屋の住所が明かされます!

■冒頭シーン1

パレロワイヤル広場にたたずむ中谷美紀。

ルーブルを背にして、
パレロワイルを目前にし、
左手にオテル デュ ルーブルが見える。

place du Palais-Royal 75001 paris

place du Palais-Royal 75001 paris

 

■シーン2  ポンヌフを渡る

右岸のサマリテーヌ側から
左岸へと向かう中谷美紀。

路上アーティストの
ギャラリーポンヌフを発見する。

観光客の写真を撮ることを
申し出る中谷美紀。

ポンヌフ=新しい橋

Pont Neuf, Paris, France

Pont Neuf, Paris, France

■シーン3 昔住んでいたアパルトマンを訪ねる

有名なスコッチパブ ハイランダーの隣。

幸運にも住人が出ていくとこだったので
扉が開き中に入る事をゆるされる。

6階までエレベータでのぼり
住んでいた屋根裏部屋を訪ねる。

16歳のリセエンヌが住んでいる。

エッフェル塔も見える素敵な部屋でした。

6, rue de Nevers 75006 Paris France

6, rue de Nevers 75006 Paris France

 ■シーン4 マレ地区のギャラリーを訪ねる

旧友のフランクと再会。

画廊責任者のキャロリーナ・フェレラさんに
作品を説明してもらう。

シェライクスという
アメリカ人アーティストの展覧会。

ギャルリー フランク・エルバズ

■ galerie franck elbaz

66,rude turenne 75003 paris

66,rude turenne 75003 paris

■シーン5 山本基さんの作品が飾ってあったギャラリー

ギャルリー パルティキュリエ

Motoi Yamamoto

09octobre-09 novembre 2014

次週行われるここで韓国アーティスト
Byung-Hun Minの作品に出会う。

■ la galerie particuliere

11,rue du perche 75003 paris

11,rue du perche 75003 paris

■Topographe de l’art

15, rue de thorigny 75003 paris

15, rue de thorigny 75003 paris

■シーン6 シャンゼリゼ劇場で友人ピアニストに会う

友人のピアニスト ベルトラン・シャマユに会いに行った場所。

彼のコンサートを聴いた後、ベルトランが練習場所に使っている
アパルトマンに向かう。(場所不明)。

神経障害で一年半ピアノが演奏できなかった経験談を話す。

Theatre des champs-elysees

15, Avenue Montaigne 75008 Paris

<span class="_Xbe">15, Avenue Montaigne 75008 Paris</span>

■シーン7 サロン・デュ フロマージュ・ヒサダ

チーズ熟成士 久田早苗さんが
フランス留学ののちに始めたお店。

現在は娘さんの恵理さんが後を継いでいる。

中谷美紀のお気に入りは
エポワス(Epoissesという
ブルゴーニュ地方に伝わる
ウォッシュチーズ。

 

Sponsored Link


日仏合作映画『FOUJITAの撮影チームに差し入れ。

エポワスの香りは神様の足の臭いと言われている。

47,rue de Richelieu 75001 Paris

電話:01 42 60 78 48

<span class="_Xbe"><span class="st">47,rue de Richelieu 75001 Paris </span></span>

■シーン8 le grand filles et fils

ギャラリービビエンヌの中にある老舗のワインショップ。

ヒサダで買ったチーズに合うワインを探す。

1, rue de la banque 75002 paris

1, rue de la banque 75002 paris

■シーン9 クリニャンクール 蚤の市

蚤の市では、チーズを盛り付ける皿を探すが
銀食器屋さんだったので
8500ユーロ(115万円)といわれ諦める。

結局、お皿はホテルで借りることとなった。

150, rue des Rosiers 93400 SAINT-OUEN

150,rue des Rosiers 93400 SAINT-OUEN

 ■シーン10 映画フジタ 撮影現場

プロデューサー クローディー・オサールに会う。

ベティ・ブルーやアメリのプロデューサー。

16の時にベティ・ブルーを見たというと
さぞかしショックだったでしょうと笑って応えた。

ベティ・ブルーの冒頭シーンは
激しいので有名ですね^^

この場所はセットということですが
場所は特定できませんでした。

パリにはCite du cinemaという
映画村があるのでそこかもしれませんね。

■シーン11 ベルサイユ宮殿

リー・ウーファンという韓国人アーティストの
インスタレーションを見る。

昨年の6月17日から11月2日まで
開催されていました。

Lee Ufan – Versailles
From 17 June to 2 November 2014

Palace of Versailles Place d’Armes 78000 Versailles

Palace of Versailles Place d’Armes 78000 Versailles

 

 ■シーン12 演劇学校

ジャック・ルコック国際演劇学校を訪ねる。

校長のパスカル・ルコックが自ら案内してくれる。

ここで能面に影響を受けたという
ニュートラルマスクというものを見せてもらう。

ここで中谷美紀は
自身が抱える左股関節の問題を話し
柔軟性を持ちえない俳優が
舞台に立っていいものかという
悩みを話す。

ecole internationale de theatre Jaque LECOQ

57,rue du Faubourg Saint-Denis 75010 Paris

57,rue du Faubourg Saint-Denis 75010 Paris

 行く先々で中谷美紀の交友関係の広さを感じる素敵な旅でした。

貴方が訪ねるパリの旅の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー