TOKIOカケル5月13日妄想松田翔太が方言女子と絡む!


スポンサーリンク

[TOKIOカケル] ブログ村キーワード

5月13日のTOKIOカケル。

松田翔太が方言女子とのシナリオを考える。

セリフよりもシチュエーション重視。

松田翔太が考えた妄想シチュエーションとは?

テーマ「同調」編

独特な恋愛観を持つ松田翔太。

タイトルは「俺がとろける時」。

夜の街。

仕事のあと女性と食事。

男性「帰る?」女性「帰る」

男性「送っていこうか?」女性「送ってって!」

女性「私んち寄ってく?」

俺はこれでとろけると話す松田翔太。

このシチュエーションのポイント。

「同調」→「同調」→「本音」

最初は男性に同調する女性。

そして、最後は本音で閉める。

やはり妄想癖がおありのようだ。

これなら男性は楽だもんね。

テーマ「切実」編

松田翔太の妄想、第2弾。

深夜のバーで年下の女性と飲んでいる男性。

女性「付き合ってくれてありがとう」

女性「もう、飲めないんです」

男性「飲まなくていいよ」

女性「もう、飲めないんです」

男性「大丈夫、飲まなくていいよ」

女性「一緒に帰りたいです」

これでとろける松田翔太。

これは「切実」→「切実」→「本音」

男は気を遣えばいいだけ。

「たまんないっすね」

うーん、結構面倒な男子かな・・・。

松田翔太の苦手な女性たち

1サプライズ好きな女性

サプライズに気づかないフリをするのが面倒。

失敗するくらいならやらないで欲しい。

グダグダになった状態が嫌なのだ。

2恋愛の駆け引きを楽しむ女性

はっきり言って面倒くさい。

3かまって~!ちゃん

「今日は一緒にいられるよ」とか。

「明日は休みだよ」とか。

ずっと一緒にいないといけないのか?

重くなる松田翔太。

お返事は「うん・・・」

なんか無理矢理用事作りたくなる。

その気持ちわかるな・・・。

心理カウンセラーによる判断は?

恋愛ユニバーシティ心理カウンセラー。

伊藤憲治。

松田翔太の名前を伏せてカウンセリング。

理想主義者。

人間不信もかなり強い。

ブレない女性が好きらしいが、そんな人は存在しない。

相手の嫌な所を探し続ける。

別れた理由を見つけ出す。

女性にとっては嫌な相手。

結構、手厳しいカウンセリング。

嫌な部分を探すってとこは当たっているみたい。

面倒な男ですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー