中居正広のミになる図書館田中のネコをアレロパシーから救え


スポンサーリンク

[中居正広のミになる図書館] ブログ村キーワード

6月16日の中居の”ミ”になる図書館。

猫を猫可愛がりする田中裕二

離婚して独身が続いている。

でも、猫がいれば人生は楽しいのかも。

そんな田中裕二に教えてあげたい話がある。

観葉植物や生け花で猫が危ない!

教えてくれたのは藤井義晴さん。

東京農工大学教授。

とっても緊張してテレビに出演。

緊張している姿がかわいい。

思わず「頑張れ!」と応援したくなる。

藤井教授が田中裕二に告げる。

観葉植物の生け花は
虫や微生物に強いものも多い。

その中に猫に有毒な成分を持つものもある~。

植物が出すアレロパシー

藤井義晴教授の専門分野。

アレロパシー

日本語で解りやすくいうと阻害作用ってこと。

植物が出している化学物質。

周りの植物や昆虫、微生物の生育を邪魔することもある。

家に潤いを与える観葉植物。

それが猫にとっては有毒だったりすることも。

猫に合わないユリ科の植物

猫が観葉植物を食べて中毒を起こすことがある。

え~、猫草は大丈夫?

猫草は大丈夫。

猫と相性が悪いのはユリ科の植物。

ネギや玉ねぎなど。

そういえば、ネギ類は食べさせるなとよく聞く。

そのほかに相性が悪いのが、ポトス ポインセチア。

月桂樹、ディフェンバキア、アイビー、水仙。

子猫は特に注意を!

猫と相性の悪い植物はたち。

花、茎、根、葉。

そして花粉も猫には有毒。

死に至ることもある。

生け花の水を飲んだだけでもダメ。

好奇心の強い子猫は口にすることも多い。

人間に危険な植物

人間に危険な植物がある。

ジャイアント・ホグウィード。

名前だけ聞いていると身近に感じない。

でも、山奥とか河原でも生育する植物。

葉に触れただけで皮膚が赤くなってしまう。

火傷したようにただれてしまう。

葉の裏側に袋状の組織がある。

この中に毒液が入っているわけだ。

むやみに植物に触れなくなりそう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー