vs嵐7月2日v6全員登場で相葉雅紀の知名度ゼロが露呈!


スポンサーリンク

7月2日放送のVS嵐。

今回は先輩V6が相手。

それもV6 全員登場というスペシャルな日。

爆笑エピソードも満載です。

相葉雅紀は存在感なし

V6のメンバーにとって相葉雅紀は無名。

三宅健「あの人だけあんまり記憶がない」

岡田准一「いや、いなかったんじゃないかな?」

嵐がデビューしてから意識した。

それまで相葉雅紀は存在してなかったのか?

いえいえちゃんと活動してました。

その証拠にV6と相葉雅紀の間に思い出がある。

それはNHKでのこと。

お腹がとっても痛かった相葉雅紀。

トイレに行こうとしていた。

その時「おい替われ!」

後ろから声が・・・。

その相手は井ノ原快彦。

先に入られちゃった。

ちゃんとV6と接点ありましたね。

大野智、井ノ原快彦から芝居を学ぶ

少年隊のミュージカル。

「PLAYZONE2001″新世紀”EMOTION」

舞台に出演した大野智。

井ノ原快彦、松岡昌宏とトリプルキャスト。

芝居を始めたばかりの大野智。

恥じらいがあって思い切った芝居ができなかった。

それに気づいた井ノ原快彦。

「それをなくさないと芝居じゃねえぞ」

その言葉で恥じらいがなくなった。

言った本人忘れていたようですが・・・。

V6はボウリング好き

VS嵐のバンクボーリング。

V6はボウリングが大好き。

中でも森田剛はマイボールを7つも持っている。

オイルの状態で使い分けるのだとか。

最高スコアは290点!

もう少しでパーフェクト!

スッゴイ!

井ノ原快彦、マッコリ事件

井ノ原快彦には嵐に謝りたいことがある。

まずは大野智に謝りたい。

それは舞台で共演した時のこと。

一緒で飲みに行った席で演技論を熱く語った。

さんざん語って、飲んで、吐いてしまった。

映画「ピカンチ」で井ノ原快彦の幼少期を演じた嵐。

撮影前に話を聞きたい。

嵐のメンバーと飲み会。

松本潤は欠席のため、会話の録音を依頼。

その席でも熱く語った井ノ原快彦。

そしてマッコリを思う存分飲んだ。

「マッコリって効くんだ」

録音の後半はそんな言葉ばかりだったとか。

それでもちゃんと役作りしてくれていた。

飲み会不要だったのでは?

岡田准一と大野智、先輩はどっちだ!

番組のスタートからちょっと争い?

岡田准一と大野智どっちが先輩なのか?

では、ここで問題。

ジャニーズ事務所の先輩後輩は何で決まるのか?

大抵の場合は事務所に入った時期で決まる。

大野智が事務所に入ったのは94年10月。

岡田准一が事務所に入ったのは95年。

そうすると大野智が先輩?!

でも、デビュー時期も重要。

V6のデビューは95年。

嵐のデビューは99年。

4年の差は大きい。

岡田准一の方が先輩!

大野智と岡田准一のクリフクライム対決

クリフクライムの左側。

通称アゴと呼ばれる出っ張りのある方。

こっちを担当するのは岡田准一。

嵐では大野智が担当。

これで先輩か後輩かを決定したい!

先行のV6チーム。

坂本昌行の次に岡田准一。

制限時間を10秒残してフィニッシュ。

さて対する嵐は二宮和也と大野智。

二宮和也が思いの外時間がかかった。

でも、そのあとの大野智は速かった。

岡田准一同様10秒残してフィニッシュ。

タイムだけの比較なら大野智の勝ち。

これで大野智が先輩ってこと?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー