笑ってコラえて新人アナの姿に自分を重ねた水卜麻美の好きな言葉


スポンサーリンク

[笑ってコラえて!] ブログ村キーワード

8月19日の1億人の大質問!?笑ってコラえて!。

1年たったらこうなりましたの旅。

新人アナウンサー3人に密着。

平松修造、尾崎里紗、笹崎里菜。

3人の成長過程を見守る企画。

新人アナニュース読み体験

朝8時のニュース。

上田まりえアナが生放送した原稿。

同じ原稿で3人のアナウンサーが擬似本番。

順番は尾崎アナ、笹崎アナ、平松アナ。 豊田順子は見守る。

本番と同様なので指示なし。

下読みの途中で原稿が差し替わる。

これはよくあること。

常に新しい情報を伝える。

それがニュース。

尾崎アナのニュース擬似体験

福岡出身の尾崎アナ。

アクセントの違いを訂正されることが多い。

やはりアクセントに間違いが多かった。

しかし、落ち着いて話していた。

47枚の原稿が終了。

ベテランの豊田順子アナからの指摘。

「コメントを入れたいんだけどって言ったらどうするの?」

「書き加えたい内容があるんだけどって」

そんな状況に対応する準備をしてなかった。

ペンもストップウォッチもない。

アナウンサーには必需品。

笹崎アナのニュース擬似体験

さ行が苦手な笹崎アナ。

無事原稿を読み終えることができるのか?

消費者を”しょうひさ”と読んでしまった。

やはりさ行は苦手のままか~。

終了後に豊田順子アナからの指摘。

「後ろ4行カット!何秒カットできる?って聞いたらどうする?」

笹崎アナもストップウオッチを持ってきていない。

正確な時間が不明。

新人女子アナ二人とも同じ過ち。

平松アナのニュース擬似体験

水とストップウオッチを持ってスタンバイ。

おおーっ、ペンも持っている。

平松アナは用意周到。

ここは二人の女子アナと違うところ。

しかし、誤読が多かった~。

正確に原稿を読むのが基本。

まだまだ課題が残る。

水卜麻美アナの好きな言葉

現在28歳の水卜麻美アナ

新人アナ3人の様子を見て心臓がドキドキ。

自分が新人だったころを思い出す。

「泣きそうになっちゃって」

水卜麻美アナも苦労したんでしょうね。

でも基盤があったからこそ食リポがある。

水卜麻美アナはどんな新人だったのか。

当時も指導係だった豊田順子アナからの情報。

声を出す際に上半身が緊張して硬くなる。

リラックスさせないといけない。

「好きな言葉で声出ししてみて」

その時、水卜麻美アナが声に出した言葉。

「カルビ~」

「タン塩~」

大声で叫んでいたのが印象的。

ここが<水卜麻美アナの原点なんだ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー