情熱大陸ヒットメーカー中園ミホは本音で語って本音を探る!


スポンサーリンク

[情熱大陸] ブログ村キーワード

10月11日放送の情熱大陸。

脚本家・中園ミホに密着。

スタッフにキレイに撮ってと注文。

脚本を褒められるより美貌を褒めてほしい。

本音で語る中園ミホは本音を探る名人だった。

人気脚本家を作った環境

写真家だった中園ミホの父親。

おかげで子供の頃の写真がたくさんある。

小学生の時は詩を書くのが好きだった。

当時の文集も残っている。

しかし10歳の時に父親が亡くなる。

その後詩は書かなくなった。

母と姉の3人での暮らし。

それも長くなかった。

19歳で母親が他界。

それからまた書き始めた。

生活のために書き続けた

事務員も経験したが1年で退職。

その後占い師になり、人を見る目を養った。

脚本を書き始めたのには理由があった。

付き合っていた人が脚本家だったから。

34歳の中園ミホは長男を出産。

シングルマザーになった。

産休を取っている間に貯金は底を付いた。

わずか5千円しかない。

断っていた連ドラを書くようになる。

子供は生きる力になる。

子供がいなかったら脚本家は辞めていた。

取材を重視する脚本家

中園ミホはマメに取材する。

東京の銀座で取材。

相手は肝臓外科医の高山忠利。

そして消化器外科医。

この日は録音。

理由は二つ。

  1. 飲みすぎて取材内容を忘れる。
  2. 専門用語が多い。

取材の時に欠かせないのは酒。

酒を飲むことで口が滑らかになる。

本音を聞きやすくなる。

本音を聞き出すためには自分も本音で話す。

ドラマ「はつ恋」は主人公の担当医は初恋の人だった。

高山医師の話を膨らませたもの。

男は本と同等?

武士の家計簿を書いた歴史学者の磯田道史。

佐賀新聞の社長、中尾清一郎。

映画監督で精神化医の和田秀樹。

脳科学者の茂木健一郎。

紅一点の中園ミホ。

酒を交わしながらの話は色恋事になる。

茂木健一郎が中園ミホの恋愛を聞き出す。

「どういうタイプの人とつきあったの?」

中園ミホが付き合った男性のタイプは様々。

読書が好きな中園ミホ。

本を読みだすと止まらない。

ご飯も食べなくなる。

恋愛も同じ。

読み終わるともう読まなくてもいい。

男=本?

捨てられちゃうか、リサイクルに出されるのか?

中園ミホの本音に引きこまれる男性陣。

世の中には嫌いな人もいる。

「何でこの人こんなに嫌なんだろう」

書くことが仕事になると変わってくる。

相手を周りこんで見たくなる。

好きでも嫌いでも人間への興味が深くなる。

橋田壽賀子を真似て水泳

飲んだ翌日、プールに行く中園ミホ

水泳を始めたのは8年前。

敬愛する橋田壽賀子先生を真似た。

健康にもいいし、頭のリフレッシュにもなる。

視聴率が悪くても切り替えできる。

すごく苦しい時に話を思いつくときもある。

雑念を浄めの塩で祓う

息子も成長し一緒に酒を飲むようになった。

ピッチの早い飲み方をする中園ミホ。

息子によく叱られる。

そんなことも嬉しい。

息子がいたから脚本家を続けられた。

中園ミホはまた新しいドラマを書く。

執筆はパソコンでする。

デスクの上には浄めの塩。

雑念が多い中園ミホ

それを祓うための塩。

どんな物語を紡ぐのか。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー