高田チャンピオン親子が案内!マツコの知らない温泉の世界


スポンサーリンク

[マツコの知らない世界] ブログ村キーワード

10月13日放送のマツコの知らない世界。

今回は温泉の世界。

2000軒以上の温泉を回った親子が登場。

温泉を満喫する幸せ親子

父の高田和明さんは18歳で温泉の魅力に気づいた。

各地の温泉を巡り歩くようになる。

娘の彩朱さんが温泉に目覚めたのは8歳。

父親のお供で行くうちに憑りつかれた?

年間100か所くらいのペースで温泉に行く二人。

とっても不思議!

高田親子推薦の温泉を紹介。

ご来光や星空がきれいな温泉

長野県白馬槍温泉。

白馬槍ヶ岳の中腹にある温泉。

露天風呂からご来光を楽しむことができる。

7月中旬から9月下旬までの営業。

とっても貴重な絶景温泉。

しかし、この温泉に行くまでには山登りが必要。

麓から約6時間。

マツコには無理!

行けませんね。

美肌になれる温泉

山梨県南巨摩郡にある温泉。

奈良田温泉白根館。

彩朱さんおススメの美肌の湯。

山奥の温泉なのに土日は満室。

年間7000人が訪れる名湯。

白根館のご主人は漁師。

イノシシなどのジビエ料理も美味い。

簡単な更衣室のとなりにある露天風呂。

硫黄の香りがする。

日の光に反射して温泉が光っている。 

厳選100%かけ流し。

カルシウムとマグネシウムが少なく手phが高い。

温泉成分が皮脂と反応。

石鹸と同じ成分が生み出される。

そしてこの温泉は七不思議の湯。

天候や日時で温泉の色が変わる。

緑に見えることもあるのです。

男女の風呂は時間制で入れ替わり。

マツコ奈良田温泉を体感

スタジオの用意された奈良田温泉。

硫黄のにおいがする。

あっという間にお肌がヌルヌル。

マツコも温泉にすっかり魅了されている。

あと3か月しか入れない超渋系温泉

静岡県熱海市。

水口第二共同浴場。

地元の組合が運営している。

入浴チケットは谷口商店で購入。

お値段は300円。

温泉は西島精肉店の隣の細い路地の向こう。

看板がないのでちょっと不安。

路地の先には二つのドア。

この向こうが温泉。

高田親子が興奮する激渋系!

80年以上も地元に愛された温泉。

ドアを開けると畳3畳ほどの広さ。

この中に脱衣所と温泉がある。

狭いぞ!

お風呂も年季が入っている。

だからあと3か月で終了。

建物の老朽化と運営の人手不足が理由。

入るなら今!

源泉かけ流しの薄い塩化物泉。

源泉が70.4℃なので水で温度調整。

メタホウ酸やメタケイ酸が含まれている。

それでお肌がツルツル。

熱海の中でも薄い塩化物泉。

温泉上がりにお湯で流す必要がない。

塩分が血行を促進し、体温が下がりにくい。

冷え性の人に嬉しい温泉。

標高1300mの絶景温泉

山形県米沢市。

姥湯温泉 桝形屋。

街から車で1時間。

野生のサルに遭遇するほどの山奥。

硫黄の香りがしてきた。

年間1万5千人が訪れる人気の湯。

高田パパが硫黄の山を登る。

山の上を見るとホースが伸びている。

山の頂上付近から温泉が湧き出ているのだ。

混浴できる温泉。

源泉温度51度、pH2.5の強酸性。

硫黄成分でお湯は白濁、キレイなアイスブルー。

殺菌力が高く古い角質を溶かしてくれる。

だからお肌がツルツルに。

5月の連休にはまだ雪が残っている。

積もった雪でビールを冷やして温泉で一杯。

これが楽しい高田親子。

贅沢だね。

マツコが姥湯温泉を体感

姥湯温泉をスタジオに用意。

酸性の硫黄温泉なので、殺菌効果もある。

少し毛穴がピリッとする。

乾いたあとにスベスベになるのは楽しみ。

訳ありだけど効能抜群の温泉

北海道天塩郡。

てしお温泉 夕映。

稚内空港から車で1時間。

温泉に入ると臭い。

強烈なアンモニア臭。

お湯の色は濃い赤茶色。

泡が浮いている。

泥炭地が多い土地柄。

泥炭地は多くのアンモニアが含まれている。

その為温泉にも独特な臭いと色がついている。

しかし油成分や天然ガスが多く含まれいる。

保温保湿、疲労回復の効果が抜群。

肩こり腰痛に効くので地元のリピーターが多い。

臭いなんて気にしないね。

 

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー