Aスタジオ12月18日秦基博が明かすジョイマンの片思い?


スポンサーリンク

2015年12月18日のAスタジオ。

ゲストはミュージシャンの秦基博

来年デビュー10周年。

映画ドラえもんに使われた「ひまわりの約束」

これで誰もが知るミュージシャンになった。

オフィスオーガスタに拾われて

高校を卒業した18歳の頃。

秦基博は音楽で生きることを決意。

しかし簡単に売れないのがこの世界。

3人兄弟の末っ子だったのは救い。

両親からは辞めれとは言われなかった。

ある日、ライブハウスでのこと。

秦基博の歌を聴いていた女性。

オザワさん。

彼女はオフィスオーガスタのスタッフ。

山崎もとよしや杏子の事務所。

それが縁で事務所入り。

その後お客が増えるようになった。

秦基博がくまのプーさんのモノマネ

秦基博の初ラジオ番組。

ディレクター梅澤太郎さんは年下。

秦基博を”ロボット”、”感情がない”と言う。

もっと自分をさらけ出してほしいとリクエスト。

言われる事を全部受け入れることにした。

ラジオ番組中、ヘッドホンに指示が入る。

「くまのプーさんのモノマネ」

モノマネは出来ればやりたくなかった。

くまのプーさんのモノマネを知らない鶴瓶。

「ハチミツ食べたいな~」

秦基博もスタジオでプーさんのモノマネ。

手元には蜂蜜を持っているように。

「ハチミツ食べたいな~」

秦基博がプーさんに見えるから不思議。

秦基博ウォッシュレット事件

年下スタッフの無理強いを受け入れる秦基博

あまり自己主張しないタイプみたい。

それはウォシュレット使っていた時のこと。

秦基博が用を足していた。

すると急に作動し出したウォシュレット。

ビックリする秦基博

しかし隣の個室でピッと押すと止まる。

どうやら連動しているみたいだ。

では自分が作動させたらどうなるのか。

ここで秦基博は考えた。

迷惑をかけてはいけない。

相手のタイミングを受け入れることに。

隣の人が出てくれるまで耐えた秦基博

結構辛抱強い性質。

グッバイ・アイザックはジョイマンの歌ではない!

お笑いコンビのジョイマン。

高木晋哉と池谷和志は秦基博の小中学同級生。

成人式の時に再会し、引き合わせた。

秦基博が仲人のようなもの。

秦基博が自分たちの歌を作ってくれた~。

そう思っているジョイマン。

その歌は「グッバイ・アイザック」

宇宙兄弟に使われた曲。

歌詞の一部”君だけのステップ”。

これが自分たちのことだと自信満々。

これを秦基博に問いただした。

答えはノー。

「可哀想な気がしてくる」

ジョイマンの片思いみたいですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー