シブ5時石井義典の革命フィッシュ&チップスを変える活締め


スポンサーリンク

[シブ5時] ブログ村キーワード

2016年2月18日のニュースシブ5時。

海外で革命を起そうとする日本人に注目。

それは石井義典さん。

場所はイギリス。

イギリス名物のフィッシュ&チップスに革命!

イギリスの食を変える?!

フランス料理、イタリア料理、スペイン料理。

ヨーロッパには美味しい料理はたくさん。

しかし、申し訳ないがイギリスにはどうだろう。

名物はフィッシュ&チップス。

現地で食べた日本人の印象は、微妙~。

どっちかと言うとアルコールの方が人気。

どうして?

イギリスは魚の鮮度を気にしない?!

ロンドンで売られているフィッシュ&チップス。

主にタラを使用。

イギリス人はあまり鮮度を気にしない。

揚げてあるから・・・。

ってのが理由。

イギリスの魚を変えたい!

京都の老舗料亭で修行した石井義典さん。

日本の国連大使の料理人も務めた。

世界の食を体験。

イギリスで衝撃を受けた。

新鮮な魚が手に入らない。

石井義典さんはイギリスの魚の質を変えたい。

鮮度革命を起すことに!

まずは漁業者の意識改革!

イギリスの魚の質を変える。

簡単なことではない。

手始めは漁業者から。

イギリスの漁師は獲った魚を冷やさない。

魚は暴れて傷が付く。

鮮度も落ち、味は低下。

石井義典さんが伝えたのは”生け締め”

水揚げした魚を獲ったその場で血を抜く。

更に鮮度を維持するために一仕事。

脊髄にワイヤーを通す技術も伝えた。

漁師との絆を深める

魚に傷を付けると商品価値が無くなる。

初めは渋っていた漁師たち。

石井義典さんは倍額で魚を買い取ることに。

そして得意の陶芸を生かした。

手作りのマグカップ。

漁師にプレゼント。

マグカップには文字。

”レディーハミルトン”

これは船名。

そしてマグカップはもう一つ。

奥様の分。

漁師とのコミュニケーションは欠かせない。

生け締め講習会

ロンドンの石井義典さんのレストラン。

ここで生け締め講習会が行われる。

目的は生け締めした魚の味を知ってもらうこと。

参加したイギリス人はその味にビックリ。

「旨みがあって豊かな味わいもあり素晴らしい」

「普段食べる魚と違って最高です」

特製のフィッシュ&チップス

石井義典さんのレストラン。

特製のフィッシュ&チップスを提供している。

ちょっと和風な盛り付け。

”魚と芋”の文字。

揚げ物でも鮮度で味が変わることを証明。

女性客にも人気。

「断然こっちの方が美味しいです」

「魚の風味がわかって美味しい」

魚本来の味を知ってもらいたい。

それが石井義典さんの願い。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー