王様のブランチ小川糸最新作ツバキ文具店は鎌倉で読みたい本


スポンサーリンク

[王様のブランチ] ブログ村キーワード

2016年4月30日の王様のブランチ。

小川糸の最新作”ツバキ文具店”を紹介。

かつて小川糸が住んだことがある鎌倉。

それが物語の舞台。

主人公は鳩子(ぽっぽちゃん)。

代書屋。

代書屋の仕事とは?

本のタイトル”ツバキ文具店”。

鳩子はそこの店主。

そして、代書屋の仕事も兼務。

代書屋11代目。

なんかカッコイイな・・・。

代書屋は依頼人に代わって宛名書きや手紙を書く。

戦中、戦前に多かった仕事。

字を書けない人が多かった時代。

今の代書屋は何をするのか?

手紙は時間のプレゼント

どうして代書屋を主人公にしたのか?

小川糸は「手紙は時間のプレゼント」だと言う。

現在相手に気持ちを伝える方法といえば・・・。

直接会って話す、電話で話す、メールとかLINE。

手紙は時間がかかるもの。

そこには物語がいっぱい生まれるじゃないかな。

そんな想いから始めた物語。

依頼主の気持ち、相手の気持ちを大事にする

代書屋で重要なこと。

それは依頼主になりきること。

そして受け取る側の気持ちも考慮すること。

便箋にも心を込める。

本の中では鳩子が代筆した手紙を紹介。

これはプロの字書き萱谷恵子さんの作品。

すべて一人の作品。

驚きである。

成長する主人公

代書の内容は様々。

離婚報告、絶縁状。

認知症の母へ亡き父からの手紙。

字が汚くて悩む女性が義母へ宛てた手紙。

大事な人に伝えられなかった気持ちを伝える。

主人公の鳩子も伝えられなかった言葉がある。

周囲の人に支えられて成長する姿に感動。

鎌倉で読んで欲しい一冊

鳩子が経営する”ツバキ文具店”。

これは架空の店。

それ以外に本文に出てくる店や場所は実在する。

鳩子がスランプを克服した場所。

北鎌倉の浄智寺。

鳩子がお気に入りのカフェレストラン。

”ガーデンハウス”。

神奈川県鎌倉市御成町15-46

神奈川県鎌倉市御成町15-46

0467-81-5200

本を片手に鎌倉を散策するのも楽しい。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー