ミになる図書館ウルフギャングはミディアムレアが最高の美味


スポンサーリンク

2016年4月12日の中居正広のミになる図書館。

俳優の内藤剛志がゲスト。

還暦を過ぎたとは思えないくらい若々しい。

その秘密はもしかすると肉食のおかげ?

肉食の内藤剛志

体は絶好調の内藤剛志

人間ドックでもどこにも悪いところがない。

週に6か7の割合で肉食。

野菜は意識して食べていない。

どちらかというとなくてもいい存在。

そんな内藤剛志のイチオシのステーキ屋がある。

ウルフギャングの美味しさのヒミツ

アメリカからやって来たステーキ屋。

ウルフギャング

予約が取れないと噂の店。

その美味しさのヒミツ。

1自家製の熟成肉

熟成庫でおよそ1か月寝かせた熟成肉。

2こだわりの焼き方

専用のオーブンで900℃で焼いている。

これで肉汁が逃げるのを防いでいる。

最後に陶器に乗せて焼くのも、肉汁を閉じ込めるため。

内藤剛志はウェルダンが好き

ウルフギャングで内藤剛志がよく食べるメニュー。

プライムステーキ2名様用 850g。

お値段、17280円。

片側はフィレ、もう一方はサーロイン。

2種類の肉の美味しさが楽しめる。

骨が付いているので実質600gぐらい。

それでも結構な量ですね。

内藤剛志のお好みは、ウエルダン。

レアなんていいかっこしいだと豪語。

一番美味しい食べ方とは?

それでは恒例の知らなきゃ良かった~。

AISSY株式会社の代表、鈴木隆一。

味覚の研究をしている。

「ミディアムウェルダンでは焼きすぎ!」

ウルフギャングの3種類の肉を比較。

レア、ミディアムレア、ミディアムウェルダン。

慶応義塾大学と共同開発した味覚センサーで分析。

その結果はミディアムレアの方が美味しい。

レア3.18、ミディアムレア3.25。

ミディアムウェルダンは2.86。

この差を例えると「刺身に醤油をつけるかどうかの差」

焼きすぎると旨み成分が減少

ミディアムウェルダンではどうしてうま味成分が減ったのか。

肉を焼き続けると、うま味成分のアミノ酸が糖と結合。

別の物質に変化。

香りなどの成分に変わっていく。

内藤剛志は肉の香りが好きだったのか。

今度はミディアムレアも試してみるそうです。

2人前、17280円。

食べ比べしたい~。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー