徹子の部屋6月3日玉木宏に父親役の近藤正臣が送った手紙全文


スポンサーリンク

[徹子の部屋] ブログ村キーワード

2016年6月3日放送の徹子の部屋。

ゲストは玉木宏。

36歳になった心境を語ります。

朝ドラの父親役の近藤正臣からの手紙。

愛ある表現が素敵です。

近藤正臣が玉木宏に向けたメッセージ全文

僕は玉木宏くんが大好きです。

彼は、そう見えないかもしれないけど、すごく真面目な人で、とっつきやすそうに見えて、実はそう簡単には仲良くなれないひとです。

そして素直。

朝ドラでご一緒した時、台本を読んだ段階で、彼の役はバランスが難しいなと思いました。

と言うのは、ドラマの進行とともに歳を重ねた変化を見せなくてはならない。

でも個性は変わるものではない。

そのバランスが難しい。

でも彼は、とても上手にやっているように見えました。

相当、研究しているようにも見えました。

演技が上手い。

そしてちょうど良い味付けだったと思います。

歳を重ねるという変化について、僕にどうしたらいいですかと訊いてきたことがありました。

顔をいじるより、少し背中を丸めるとか雰囲気だねと答えたと思います。

僕は彼の父親役だったんですが、役の中の彼は、だんだんと父である僕に似てきました。

とても嬉しかった。

だって親子をやっている訳だから。

血はあらそえないということを演技でみせてくれました。

僕の出番が無くなった後も、ずっと気になってドラマを見ていました。

見ていて楽しかったです。

出番が終った後も、気になって見続けるなんて、それまでにはなかったことです。

最後まで楽しかった。

この先も気張らずにやってほしい。

君なら力を抜いても大丈夫だよ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー