アナザースカイ三浦翔平のラスベガスは仕事の幅を拡げた聖地


スポンサーリンク

[アナザースカイ] ブログ村キーワード

2016年7月22日のアナザースカイ。

俳優・三浦翔平のアナザースカイ。

それはラスベガス。

3年前に仕事で来た場所。

未熟な自分を感じさせてくれた街。

ビビる三浦翔平

ショベルカーに乗る三浦翔平

工事現場ではない。

ラスベガスのアトラクション。

重機操作を楽しむ場所。

イヤホンで操作指示が入る。

ショベルを上げる。

運転席部分を1周。

もっと速く操作するように促される三浦翔平

次はショベルを地面に固定。

キャタピラの前部分を浮かす。

後ろ脚で立っている感じ。

「あーもう無理だよ」根をあげる三浦翔平

「びびってんのか?」

イヤホンの向こうから発破をかけられる。

ラーメンを食べてステーキが食べられない

”エコー&リグ”。

精肉店でありレストランである店。

大きなステーキを三浦翔平に食べてほしかった。

しかし、皿に乗ったお肉は小さい。

これには訳がある。

2時間前、三浦翔平はコーディネイターに誘われた。

美味しいラーメン屋がある。

”MONTA”。

郊外だけど大人気のラーメン屋。

ラーメンの外に餃子10個も食べた三浦翔平

お腹がいっぱいなのだ。

小さいステーキでもなかなか食べようとしない。

一口食べて、「GREAT!」

完全に失敗しましたね。

高校中退から復帰まで

中学時代、派手なグループに属していた三浦翔平

高校でバスケ部に入った。

思っていた感じと違っていた。

今思えば甘えだった。

高校を2年で中退。

学校を辞めたけど、やりたいことはなかった。

夜に出かけて昼に帰る生活。

そんな生活を変えたい。

前の学校に頭を下げて、高校に復帰した。

賞金目当てでジュノンボーイ

高校復帰の学資は親にお願いした。

エキストラをしていた時のマネージャーが勧めてくれた。

それがジュノンボーイ。

グランプリの賞金は50万円。

これで学資を返したい~。

見事グランプリを獲った三浦翔平

その後、事務所に入った。

悔しさがバネになる!

ドラマデビューは”ごくせん第3シリーズ”。

なんとかなると思っていた三浦翔平

アルバイトのつもりで参加。

佐藤東弥監督に言われた。

「君、大丈夫?お芝居」

「とりあえず頑張ります」としか言えない。

周りからは新人だからしょうがないと見られた。

悔しかった。

ぶざまでもいい120パーセント以上の力を出す。

その気持ちが今の仕事に繋がっている。

25歳の時は無趣味のメタボ

肉体を作るきっかけは3年前のラスベガス。

それまでは”無趣味のメタボ”だったと話す。

25歳の三浦翔平は隠れメタボだった。

帰国後、筋トレ以外に始めたものがある。

シュートボクシング。

これでアクションができるようになった。

ドラマ”エンジェル・ハート”で活かされた。

ラスベガスで自分を見つめた三浦翔平

「今のままではダメだ!」

ラスベガスで気づいた三浦翔平

最初に行ったのは3年前。

写真集「SHOW」の撮影の為。

そして、2度目のラスベガス。

三浦翔平にとってのラスベガスとは?

「視野を広げ、成長のきっかけをくれる場所」

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー