アウトデラックス水谷隼が卓球男子メジャー化の為にしてきた事!


スポンサーリンク

[アウトデラックス] ブログ村キーワード

2016年9月15日のアウト×デラックス。

日本卓球男子代表の水谷隼

リオ五輪ではシングルで銅メダル。

団体戦では銀メダルを獲得。

一躍脚光を浴びたが・・・。

それまでにはツラい10年があった。

水谷隼マツコの圧力にタジタジ

「波田陽区に似ていない!」

「テレビよりもかわいい!」

マツコに言われても緊張が取れない水谷隼

ホンモノのマツコはダイナミックだった⁈

「距離感が違いますから・・・」

メダリストにビビられるマツコ。

愛ちゃんや架純ちゃんに嫉妬!

3歳から注目されている福原愛。

愛ちゃん2世と騒がれた石川佳純。

卓球界で目立つのは女子ばかり。

ガチで悔しかった水谷隼

男子も女子並に取材はされる。

しかし、実際使われるのは女子が多い。

男子はほんのわずか。

リオ五輪まで約10年間。

水谷隼はツラかった~。

男子卓球の為に数々の努力をしていた。

襟足を金髪に!

水谷隼の努力の一つ。

それはロンドン五輪でのこと。

襟足をちょっとだけ金髪に染めた。

男子卓球では髪を染めるのはご法度。

因みにヒゲも長髪もサンダルも禁止。

結構身だしなみにうるさい。

さて、襟足を染めた結果はどうなったのか?

無反応・・・。

メダルも取れず、メディアに注目されませんでした。

ビッグマウス発言!

卓球男子を盛り上げるためにしたこと。

ビッグマウス発言。

トークが上手いプロレス選手を参考。

ブログで「今年はヒールをやります」とアピール。

丹羽孝希選手と対戦する時は、

「若い芽を早く摘む」と発言。

結果、めっちゃ嫌われました~。

先輩を”くん”づけにに!

卓球=真面目のイメージ。

これを払拭したかった水谷隼

インタビューで先輩を”くん”づけで呼ぶことにした。

協会では”さん”づけと言われていた。

結果、死ぬほど怒られた~。

何度も監督とミーティングしました。

ガッツポーズで渇!

卓球=地味。

このイメージも払拭したかった水谷隼

度派手なガッツポーズをすることに。

それがリオ五輪の銅メダルを決めた試合。

カメラを意識をして大きくガッツポーズ。

思ったよりも勢いが付いた。

衝撃を消す為に転がりました。

これでカメラから外れてしまったのは計算外。

そして、結果的に某番組で喝!をくらいました。

卓球をメジャーにしたい!

テニスやバドミントンより軽く扱われる卓球。

少しでも卓球を、男子卓球をメジャーにしたい。

それが水谷隼の願いなのです。

それが役目だと感じていている。

敢えて様々なことを試してきました。

でも、一番の効果は五輪でのメダルでしたね。

リオ五輪で多くの人が感動したはず。

これからも頑張ってほしいです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー