プレバト!朝ドラ清さん役の大野拓朗がプレバト俳句に挑戦!


スポンサーリンク

[プレバト] ブログ村キーワード

2016年9月22日のプレバト!。

夏井いつき先生の俳句ランキング~。

元都知事候補と朝ドラ俳優も参戦!

元都知事候補は鳥越俊太郎さんでしょ。

じゃあ、朝ドラ俳優って誰?

わかります?

「とと姉ちゃん」の清さんです。

とと姉ちゃんの清さん

来週いっぱいで終了する朝ドラ「とと姉ちゃん」。

主人公の小橋常子の祖母の養子。

それが清さん。

一見、背が高くてイケメンって役。

だけど、ちょっと悪い癖がある。

自分がどれだけ大変かをアピールしたがる。

才能があって頼りにされて、

忙しくて困るんです~。

聞いて聞いてって感じなんですね。

周りから少しうざがれる存在。

でも、年老いた養母を気遣う心優しい青年。

それを演じていたのが大野拓朗。、

髪型も服装も違うので気づきませんでした。

清さんの時よりもくどさが抜けた感じ。

大野拓朗の句

今回のお題の写真。

富士山と稲刈りと案山子。

これをもとに作った大野拓朗の俳句。

”さやけしや 高きに登る 子らの聲(こえ)

凡人ながらも60点。

なかなかですね~

解説はくどかった~

大野拓朗が作者の気持ちを伝える。

上の句の”さやけしや”は季語。

清々しい秋風が吹く様子を表している。

この絵にピッタリだと思った。

中の句で富士山の高さや空の高さ、自然を意識。

案山子が遊んでいるように見えた。

それが子供の姿のように見えて、

子供たちが大声をあげて楽しんでいる姿を詠んだ。

声をあえて旧字体にしたのにも意味があった。

昔から変わらない景色だと伝えたかった。

やはり大野拓朗は清さんだった。

話が長くて、くどい。

でも、はっきりとした意思を感じられる。

名人・梅沢冨美男の意見

名人・初段に降格した梅沢冨美男の添削。

下の句の”聲”を使わなくてもよかったと指摘。

でも、そこにそこにこだわった大野拓朗

とっても残念なお知らせ

大野拓朗の句をセンスがあると感じた夏井先生。

”さやけし”という響きが写真の光景に似あっている。

夏井先生と大野拓朗の感性は似ているってことですね。

下の句で子供たちの生き生きした姿が見える。

これは聴覚に訴えている。

残念なのは中の句。

実はこれ、全体で季語になっている。

とってもマニアックな季語。

9月9日は重陽の節句。

丘や高台に登って菊酒を飲み、邪気を祓う行事。

こういう時は季語の力を取り去る。

”高きを目指す”と変更。

大野拓朗はそれを見て「オッシャレ~」と感動。

夏井先生が名人を一喝

中の句が季語だと気づかなかった梅沢冨美男。

「夏井先生の本に載ってなかったもん!」

「載っているよ!」

誰よりも勉強しているはずの梅沢冨美男が撃沈。

おしゃれー
櫻井淳子の俳句を添削したのを見てオシャレ―

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー