世界一受けたい授業スーパーオイルの効能と正しい油の使い方


スポンサーリンク

[世界一受けたい授業] ブログ村キーワード

2016年9月24日の世界一受けたい授業。

徳島大学循環器内科教授。

佐田政隆先生が教えてくれる。

油との正しいつきあい方。

間違った使い方をすると大変!

お肌はカサカサ、肝機能は低下。

そして、脳出血を起こす危険もあります。

カロリーはどれも一緒

ごま油、ココナッツオイル、グレープシードオイル。

ベニ花油に、オリーブオイル等。

様々な種類の油がありますが、

どの油もカロリーは全部同じ。

大さじ1杯で110キロカロリー。

どんなにいい油でも食べ過ぎれば肥満のもとですね。

油と使う時にしてはいけないこと

何気なく使っている油。

その油、酸化していませんか?

何度も使うと油の色は濃く変化します。

それが酸化のしるし。

実は開封しただけでも酸化するのです。

一般的なサラダ油の場合。

開封後1~2か月で使い切るのが目当て。

気付かないうちに酸化した油を摂っているかも。

酸化した油は高血圧のもと

酸化した油は血管壁に蓄積。

血液の通り道が狭くなります。

それが高血圧の原因になるのです。

血液が酸欠、栄養失調になると動脈硬化、脳卒中を招く。

加熱した時に嫌な臭いはしてませんか?

煙がたったり、泡が消えなかったり。

それは劣化が進んでいる証拠。

すぐに捨てることをおススメします。

スーパーオイル、米油

佐田先生が勧めるスーパーオイルの一つ。

米油。

玄米から白米に精製するときにできる米ぬか。

米ぬかから作った油が米油。

揚げ物に使うと脂っこくなくさっくり上がる。

スーパービタミンEがとっても豊富。

通常の40~60倍の抗酸化作用がある。

これで老化予防が期待。

自律神経の働きを調整する効果もあります。

倦怠感や不眠を改善してくれます。

スーパーオイル、エゴマ油

しそ科の植物、エゴマ。

エゴマののタネから作ったのがエゴマ油。

これもスーパーオイル。

人体では作れないオメガ3系の油が豊富。

現代人が不足している脂肪酸を補える。

脂肪酸の一つ、αリノレン酸の含有量を比較。

他の油よりも圧倒的にエゴマ油の方が多い。

小さじ1杯で1日の摂取量を取ることができる。

血液の流れがよくなるので動脈硬化予防が期待できる。

美肌効果、老化予防にもつながります。

エゴマ油でやってはいけないこと

オメガ3系油は成分が壊れやすい。

100℃以上になると破壊が急速に進む。

絶対やってはいけないこと。

それは、加熱。

せっかくの効果が台無しになってします。

手作りドレッシングに使いことをおススメ。

納豆にかけたり、卵かけご飯でもいい。

酸化防止の為、冷蔵庫で保管してほしい。

2か月以内に使い切りましょう。

スーパーオイル、マカダミアナッツオイル

ハワイからのお土産で有名なマカダミアナッツチョコ。

そのマカダミアを使った油。

マカダミアオイル。

180g1200円くらいで、かなり高め。

しかし、体にいい成分を多く含んでいる。

パルミトレイン酸。

糖尿病予防になる成分。

他のオイルではほとんど含まれないもの。

脳の血管にも入る込めるのも特徴。

脳卒中を予防できるのも嬉しい。

マカダミアの香りがする油。

甘みもある。

バターの代わりにパンに付けるのがおススメ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー