めざましテレビ独占ゴッホの自画像裏側の仕掛けと謎のシール


スポンサーリンク

[めざましテレビ] ブログ村キーワード

2016年10月11日(火)放送のめざましテレビ。

スゴ撮コーナーで100億円とも言われるゴッホの名画の秘密を特集。

ゴッホの自画像の裏側をめざまし独占で放送しました。

デトロイト美術館展の名画搬送の裏側

総額500億円から1000億円と言われる52点の名画。

一点一点、専用の木箱に入れて搬送。

箱は温度や湿度、その場の空気に慣れさせる為24時間以上開封せず。

その箱の構造は2重。

天板を開けた中に、もう一つの箱が存在。

その中箱の蓋はビスで固定されている。

絵画の周りはスポンジのような緩衝材で保護。

デトロイト美術館では、絵画ごとに専用の箱を作成。

その専用箱で搬送するのが決まり。

ゴッホの自画像の裏側

ゴッホの自画像の裏にはネジで止められた銀色の枠が存在。

これは絵の状態を保つための重要な枠。

ゴッホの自画像は一枚の板の上にキャンパスを張った構造。

これは129年前に設えたもの。

気温や湿度の変化で木の板が曲がると絵が壊れる危険性が。

そこで銀色の枠で絵を密閉。

板に接している空気の状態を変わらないように保護。

絵の裏のシールの意味

デトロイト美術館の絵画には絵の裏にシールが貼ってある。

それは過去に絵画が旅した展覧会の履歴シール。

ゴッホの自画像には3枚のシールが存在。

今回の前にはイタリア・ジェノバでの履歴を示すシールが。

そして新たな履歴としてクロネコファインアートのシールが貼られていた。

このようなチェックを経て、デトロイト美術館専任の修復士が絵の状態を確認。

我々の目に名画が触れるまでには、色々な過程があるのを実感した放送でした。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー