TOKIOカケル10月26日宮沢りえの次の仕事は絵描き?


スポンサーリンク

[TOKIOカケル] ブログ村キーワード

2016年10月26日のTOKIOカケル。

ゲストは宮沢りえ

TOKIOとは同世代。

アイドルから今は名女優へと進化。

もし、宮沢りえが無職だったらどうなる?

趣味を仕事に!

「今無職ならなんの仕事する?」

山口達也の質問。

宮沢りえの答えは、絵描き。

宮沢りえの趣味は絵。

仕事が休みだと描きたくなるそう。

だから、キャンパスと絵の具があると嬉しくなる。

褒められて上達するタイプ

もともと落書きが好きだった宮沢りえ

先生に褒められるような絵ではない。

それがある人に褒められた。

映画監督の勅使河原宏。

映画「豪姫」の撮影の時。

監督から「描き続けなさい」と言われた。

その時に描いていた絵をプレゼント。

ある年のXmas。

宮沢りえは勅使河原宏の自宅に招かれた。

本物のピカソやコクトーなどが並ぶ大邸宅。

同じような額に宮沢りえのあの日の絵も並んでいた。

ホテルの便箋に書いた絵。

「すっごい嬉しかった!」

その気持ちが今も続いている。

そして今年、ヨージヤマモトの秋冬コレクション。

その中で宮沢りえの一筆書きイラストが採用された。

番組のコレクションに追加

番組にも画伯によるコレクションがある。

松岡昌宏、近藤真彦、小栗旬らが描いた犬の絵。

宮沢りえにも絵を描いてもらった。

線で描いたシンプルな絵。

犬の目がとてもパッチリしている。

確かに独特。

「思っても言葉にならない時に絵が描きたくなる」

宮沢りえにとっては絵は思いを伝えるツール。

女性の絵も描いてもらった。

これはとっても色っぽい。

こちらも番組コレクションになりました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー