クロスロードBAKE長沼真太郎が大切にする5Sと美味しさの3原則


スポンサーリンク

[クロスロード] ブログ村キーワード

2016年11月19日のクロスロード。

主役はBAKEの代表取締役CEO。

長沼真太郎30歳。

現在、菓子業界で走りまくる男。

この男は何者なのか?

BAKEのモットー5S

毎朝電車で出社する長沼真太郎

パーカーに黒いリュック。

とてもラフである。

これが長沼真太郎スタイル。

会社には社長室も役員室もない。

朝一の仕事は1日数百通ほど来るメールの処理。

朝礼は毎朝9時半から。

朝礼後の始まるのが「5S

社員たちは掃除を始めた。

長沼真太郎はトイレ。

トイレ掃除が担当。

「一番嫌がるところを担当しろ」

それが父親からの教え。

そして「5S」とは何か?

「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」

これが仕事の土台ってことでしょうか。

おいしさの3原則

長沼真太郎はおいしさには3原則があると言う。

  1. フレッシュ
  2. 手間をかける
  3. 原材料にこだわる

作りたてをすぐ届ける=工房一体型。

製造プロセスを省かないでプロセスを大事にする。

タルト生地を2度焼くなど。

原材料はこだわり、よりいい材料を使う。

工房一体型ショップ

チーズタルト専門店、BAKE CHEESE TART。

新感覚シュークリーム店、QROQUANT CHOU ZAKUZAKU。

焼きたてアップルパイ専門店、RINGO。

BAKEの店は客の目の前で作って売る。

工房一体型が売り。

足元からガラス張りにしているのも演出。

工場で買ったような雰囲気を作りたっている。

パッケージを飾って工房らしさを出している。

原材料へのこだわり

帯広空港に到着した長沼真太郎

そこからはレンタカーで移動。

車は大型車ではない。

これは経費節約の為。

飛行機の場合はエコノミークラス。

いつも節約を考えている。

今回の訪問先は足寄町の”ありがとう牧場”

牧場主の吉川友二さんが迎えてくれた。

広い牧場は100ヘクタール。

そこに100頭を放牧。

ここの牛乳を使用しているBAKE

業務用のもおと比べると2倍近く高い。

しかし、コクがあるのにサラリとしている。

美味しさとともに届けたいものがある。

ストーリー。

どのような人がどんな思いで作っているのか。

それを伝えい長沼真太郎

人気商品を進化させる理由とは

「北海道のおいしいお菓子を全国に伝えたい」

それが長沼真太郎の原点なのかもしれない。

”PICT CAKE”

アプリを使ってケーキをカスタマイズ。

自分だけのケーキを作ってもらうシステム。

ケーキは北海道で職人が手作り。

常に新しいデザインを模索。

年間50,000人が利用している。

”PICT CAKE”を更に進化させることを考えている。

会議でアプリ画面の利用状況を検討。

利用者の気持ちになって更に進化中。

菓子メーカーの御曹司

札幌市白石区にある洋菓子店”きのとや”。

道内に8店舗ある。

長沼真太郎はそこの長男として生まれた。

お店に関わった長沼真太郎

「新千歳空港店を立て直せ!」

父親からの指示が出た。

目をつけた商品がブルーベリーチーズタルト。

商品を絞りこんで出来立てにこだわった。

試食をしてもらい、味を知ってもらった

パッケージも工夫。

鉄板の上に乗せ、ライブ感を出した。

1日50個の売り上げだったブルーベリーチーズタルト。

今では1日5000個ほど売れている。

2014年BAKEを設立

ブルーベリーチーズタルトで自身を付けた。

長沼真太郎は2014年BAKEを設立。

ピクトケーキを大ヒットさせた。

次に工房一体型のビジネス。

BAKEは成長していった。

社員からの信頼も厚い長沼真太郎

「わからないことをわからないと言えるのがすごい」

「心に響く言葉を持っている」

「背中がかっこいいい。未来を感じさせてくれる」

社内の評価もとても高い。

BAKEの味は父親が決定

きのとや本社へ父親と共に出社する長沼真太郎

この時はスーツを着用。

BAKEのバレンタイン向けの商品の会議。

会議ごとに2つの試作品を持参。

そのうち1つに選択。

最終的な味の決定権はきのとや会長が持つ。

去年バージョンか、チョコ増量バージョンか。

議論したが、結論は持ち越し。

翌週試作品で再会議。

会長の表情が険しい。

ニューバージョンは工房一体型のBAKEにそぐわない。

デリケートな話なのでテレビカメラをストップ。

会議はその後5時間続いた。

会議後。

「できないことはないと思っている」

最後まで諦めきれない長沼真太郎がいた。

父親は走りすぎを懸念

11月1日には新工場がスタートしたBAKE

65人の新入社員が入社式を迎えた。

急成長を続けるBAKE

きのとや会長である父親はどう思っているのか。

「危ないですね」

走るすぎる息子を心配する父親の姿が見えた。

「走る過ぎるなもっとゆっくり走れ」

それでも長沼真太郎はいうことを聞かない。

どこまで走りきるのか見届けたい。

■当サイトの内容、テキスト等の無断転載・無断使用を禁止します。

現在判明しているパクリサイトはテレビの話題まとめというサイト。

当サイトとはまったく関係ございません。

©2014-2016ながらtv.com

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー