サワコの朝なっちゃん先生がサワコに季語愛溢れる俳句を指導


スポンサーリンク

[サワコの朝] ブログ村キーワード

2016年11月26日のサワコの朝。

ゲストは夏井いつき先生。

最近バラエティでも人気の俳句の先生。

俳句のタネを蒔くために全国を行脚。

阿川佐和子にも俳句を指導しました。

いい俳句は血がキレイになる!

夏井いつき先生といえば「プレバト!」

俳句添削時の毒舌が話題。

それは下手くそな俳句に出会った時。

下手くそな俳句の意味をあーだこーだと推理。

そしてカメラの前で作者の意図を聞いてビックリ。

下手な俳句では伝わらない。

しかし、良い俳句は違う。

「良い俳句に出会うと血がキレイになる」

鳥肌が立った桑田佳祐の詞

夏井いつき先生の記憶の中できらめく曲。

「真夏の果実」

気に入っている歌詞がある。

”~マイナス100℃の太陽みたいに~”。

スゴイ比喩だと思った。

これを聞いた時鳥肌が立った夏井いつき先生。

季語の森を歩いている!

俳句には季語が必要。

季語は要らないのではと言う人もいる。

でも、夏井いつき先生にとっては季語は特別な存在。

「季語は日本の宝」だと言う。

ある日、俳句を教えていた学校へ行った。

学生が掃除をしていた。

風が強い日だった。

履いても履いてもゴミが風で飛ばされる。

これが”青嵐”なんだと感じていた学生。

”青嵐”初夏に吹く強い風。

季語を体で感じてくれたことが嬉しかった夏井いつき先生。

「私達は季語の森を歩いている」

阿川佐和子も俳句作り

何回か俳句を作ったことがある阿川佐和子。

しかし、俳句で褒められたことがない。

夏井いつき先生はどう指導するのか?

俳句は五七五でできている。

上の句を2種類用意した夏井いつき先生。

”まっしろな”と”でこぼこな”。

阿川佐和子が選んだのは、”まっしろな”。

中の句は、連想するものを入れる。

幾つか思い描いた言葉を羅列する阿川佐和子。

この内、季語の入ったものは除く。

オリジナリティを求めるので凡人的な言葉は排除。

残った言葉は”あなたの髪や”。

阿川佐和子がイメージしているのは美しい白髪。

下の句は意味は繋がらなくていい。

気持ちを伝えることが重要。

夏井いつき先生が用意していた下の句。

そこから”山眠る”を選んだ阿川佐和子。

でも、”あなたの髪や”の次が”山眠る”。

”や”が二つ繋がるのを嫌がる阿川佐和子。

最終的に出来上がった句は、

”まっしろな あなたの髪や 風花す”

才能アリって感じでしょうか。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー