東京新聞個人広告ページSMAPファン投稿の企画者が語る!


スポンサーリンク

2016年11月7日(月)放送のバイキング。

11月1日。

東京新聞個人広告欄がSMAPへのメッセージで埋め尽くされた。

今回、この出来事の発起人にバイキングが独占電話取材。

その方はSMAPファン歴25年の女性だった。

東京新聞の個人広告欄にSMAPへのメッセージを掲載したのはどういう想いから?

SMAPが解散するのは寂しいし、驚いているし、まだ受けいることができないのが正直な気持ち。

年内にSMAPSMAPでいるうちに、たくさんのファンの声を届けたい。

そうしたら、何か変わるんじゃないかなと思って企画しました。

SMAPファンなら静かに見守るべきという意見にたいして

静観すべきという意見が世間にあるのはわかる。

ただファンからしてみれば、SMAPが解散するのはなかなか受け入れられない。

やっぱりSMAPという形を残しておけば、もしかしたら彼らが戻ってくるんじゃないか。

そのもしかしたらを凄く望んでいる。

だったら、ファンが声を届け続けるしかない。

ファンである彼女の最後の願い

やっぱり解散がどうしても回避できない場合。

年末ににコンサートで5人が楽しく歌っている姿を見たい。

■当サイトの内容、テキスト等の無断転載・無断使用を禁止します。

©2014-2016ながらtv.com

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー