アナザースカイ中丸雄一がKAT-TUNをハワイ/オアフ島で憂う!


スポンサーリンク

[アナザースカイ] ブログ村キーワード

2016年12月3日のアナザースカイ。

2016年5月1日。

KAT-TUNは活動休止になった。

デビュー当初6人だったメンバー。

脱退が続き、半分の3人になった。

そして、現在も活動休止のまま。

残ったメンバーの一人、中丸雄一33歳。

アナザースカイでKAT-TUNを考える。

初めての海外はハワイ

中丸雄一の最初の海外旅行。

行先はハワイ。

ジャニーズ時代、まだ15歳だった。

目的は雑誌の仕事。

ハワイのキレイなビーチに感動した。

15歳の少年に強烈な印象を与えた。

ハワイが中丸雄一のアナザースカイ。

ジャニーさんの手料理の思い出

中丸雄一のジャニーズJr.時代。

ハワイでの仕事。

ジャニーさんがホテルで手料理を作ってくれた。

分厚いステーキ。

体力的にきつかった頃。

思い返すとあれはジャニーさんの優しさ。

たくさん食べるようにとの心配りだった。

同じように中丸雄一もステーキを焼く。

番組スタッフに振る舞う。

なかなかの出来。

Sponsored Link


デビューできずに焦った時代

15歳でハワイに来た時。

中丸雄一は心に誓った。

「この世界で成功してみせる!」

当時の夢はグループ結成とCDデビュー。

3年でKAT-TUN結成。

ライブは好評。

周囲に期待されていた。

しかし、なかなかCDデビューできなかった。

「デビューするにはどうしたらいいのか?」

やれることは全部やろうと思った中丸雄一

過去のデビュー組の年代を調べた。

デビューのきっかけも調べた。

何年後にこういうのが来るのではと予想。

ジャニーさんに亀梨和也と共に直訴。

ジャニーさんからの返事は、

「焦らなくてもいい。
目の前のことをやってくれれば大丈夫」

その言葉に安心して帰った。

CDデビュー後の試練

KAT-TUN結成から5年。

やっとCDデビュー。

シングルは26作連続でオリコン1位。

しかし、メンバーが相次いで脱退。

「理想とするものになった年はない」

中丸雄一は過去を振り返ってそう言った。

結成当時からケンカは絶えなかった。

それでも良い方向に向かっていると感じていた。

ボイスパーカッションをグループの為に習得。

でも、悲しい結果が待っていた。

活動休止はファンへのけじめ

「メンバーそれぞれに人生がある」

脱退したメンバーを気遣う中丸雄一

理想は脱退がなくて活動することだった。

本来ならば10周年のツアーがあったはず。

脱退はファンに対する裏切り。

1回だけでなく3回も裏切った。

「どうなってんの?」って思うファンもいる。

活動休止はそんなファンの為のけじめ。

充電期間を設けるのも筋だと思った。

しかしKAT-TUNの活動ができないのは悲しい。

夢はKAT-TUN再開

「ハワイに引き寄せられた」

もう一度原点回帰したい中丸雄一

ハワイで昔の自分を思い出した。

フレッシュな考えを思い出すきっかけになった。

活動休止を充電期間として利用したい。

この間に経験したこともKAT-TUNの為。

ファンの為に活かしたい。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー