ZIP約40光年先の恒星トラピスト1周囲に地球類似7惑星


スポンサーリンク

2017年2月23日放送のZIP。

日本時間午前3時。NASA緊急会見。

私たちの太陽系の外にある惑星で新たな発見。

その発見とは何か?

ZIPが千葉工大を取材

ZIPが千葉工業大学惑星探査研究センターを取材。

我々は今、生き物がいる惑星は一つしか知らない。

我々のいる地球しか知らない。

今度こそ、生き物がいる惑星が見つかったと発表されればいいなと。

生命の起源とか生命に関わるような分子が見つかったとか。

そういうニュースが出てくると非常にワクワクする。

NASAの発表

初めて星の周りに、これだけの数の地球型惑星を発見できた。

それは恒星トラピスト1の周りを回る7つの惑星。

7つすべてに水が存在。

そのうち3つは温度などが生命を育むのに適していると。

第2の地球が見つけるのは”もし”ではなく”いつ”の話に。

とNASAのザーブッケン博士は語る。

今後は更に精度の高い宇宙望遠鏡で観測を続ける。

東京大学自然科学研究機構 成田憲保助教の話

今回のポイント

  • 地球から40光年と近い距離に発見された
  • 地球と似た惑星
  • 複数発見

地球と似ているポイント

  • 大きさ・重さ
  • 重力
  • 温度もほぼ同じ
  • 海・大気を持つ可能性

太陽系でさえ地球一つしかない。

それが7つも存在する。

そしてトラピスト1は太陽よりも若い恒星。

今後の調査と7つの惑星の進化が期待される。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー