ボクらの時代若き佐藤隆太ただのKEMURIファンからMV出演まで


スポンサーリンク

[ボクらの時代] ブログ村キーワード

2017年4月23日のボクらの時代。

KEMURIのボーカル伊藤ふみお。

俳優の佐藤隆太

俳優の塚本高史。

KEMURIの大ファンだった佐藤隆太

佐藤隆太と同棲した経験がある塚本高史。

3人の話とは?

KEMURIの熱烈ファンの佐藤隆太

KEMURIの新曲”THUMBS up!”。

MVに登場してるのが佐藤隆太

佐藤隆太はもともとKEMURIの大ファン。

200人くらいのライブで猛烈アピールするファンだった。

ファンとして覚えていた伊藤ふみお。

ある日テレビで観た時は!!!。

あのお客さんが~って感じ。

同棲するほどの仲

多くの作品で共演した佐藤隆太と塚本高史。

二人は一時期一緒に暮らしていた。

当時、実家暮らしだった塚本高史。

実家から現場に行っていたのでは間に合わない。

佐藤隆太の家に寝泊まり。

一緒に仕事に行って、一緒に帰ってくる。

その時聴いていたのがKEMURIの曲。

サッカー選手から俳優へ

サッカー選手KAZUの大ファンだった塚本高史。

KAZUと同じようにブラジルに行く。

漠然とそう思っていた。

留学する資金もなく、明確な計画があったわけでもない。

そんな塚本高史に母親が言った。

「違う難しい世界があるよ」

親が履歴書を送ったのがきっかけで芸能界入り。

自意識過剰だった塚本高史

塚本高史が事務所にはいったのが14歳。

1年未満でデビュー。

出演したドラマの第2話は塚本高史がメイン。

放送の翌日は、街を歩けないと思った。

みんなが僕を知っている!

しかし実際は違った。

誰にも気づかれなかった。

渋谷のスクランブル交差点で若気の至り

若い時はちやほやされたいものです。

佐藤隆太と塚本高史が大きな実験を行った。

舞台は渋谷のスクランブル交差点。

反対側からお互い交差点を渡る。

わざと偶然あったような振り。

どれだけ知られているのか確認したかった。

”木更津キャッツアイ”が放送されている時。 

実験は大成功!

次の青信号まで渡れなかった。

若気の至りですね。

俳優の楽しさを味わった伊藤ふみお

KEMURIは2007年に解散。

解散後、伊藤ふみおに俳優のオファーが来た。

出演したのは映画”真夏のオリオン”。

「スッゴイ楽しかった」と話す伊藤ふみお。

映画を作るのに多くの人が参加。

俳優が最高にカッコ良く映るように努力している。

撮影のあとには編集などもある。

観ているだけではわからなかったものが見えた。

責任が出る年ごろ

佐藤隆太のデビューは19歳。

今はもう37歳。

「やればやるほど責任を感じる」と言う佐藤隆太

若い時は怖いものはなかった。

ただがむしゃらにやれば良かった。

若い役者が多くなって自分が上になる。

今は責任を感じので、怖さを感じている

子供たちに思うこと

伊藤ふみお、佐藤隆太、塚本高史。

3人とも父親である。

塚本高史の娘は大人になったらテレビに出れると思っている。

自分の父親もその友達の佐藤隆太もテレビに出ている。

テレビに出ることは難しいことだとは感じていない。

子供のやりたいことには否定はしない。

それは3人とも同じ。

でも・・・「難しいね」ってのが本音。

2世だからって上手くいかない。

芸能界は甘くない。

たくさんいますよね~。

ダメになった2世さんたちが・・・。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー