プレバト!4月6日キスマイ横尾渉と千賀健永が俳句で本気バトル


スポンサーリンク

[プレバト] ブログ村キーワード

2017年4月6日のプレバト!

俳句ランキングの新しい試み。

季節ごとに句会を開く。

春の句会は俳桜戦。

普段の順位とは関係なし。

名人と特待生だけのタイトル戦。

お題は、満開の桜。

梅沢冨美男は敵前逃亡

自らエントリーした名人と特待生のみが参加。

今回参加したのは8名。

名人のトップ、梅沢冨美男は不参加。

参加しない理由を手紙にしたためた。

要約すると、

参加すると間違いなく自分が1位になる。

寂しいと思うが頑張ってください。

ってなことを書いていた。

名人が下位になりえる句会。

句のでき次第では特待生の下になるかも⁈

梅沢冨美男は敵前逃亡したとしか思えない。

中田喜子の才能が開花

どうしてか男だらけの俳句の会。

名人も特待生も男ばかり。

そんな中で中田喜子の存在は大きい。

「初桜 響けるひづめ 皇居へと」

宮内庁は東京駅から皇居まで馬車を走らせる。

その蹄の心地よい音と桜を詠んだ。

この句は4位!

夏井先生から語順を変えるようにアドバイスはあった。

しかし、この間特待生になったばかり。

特待生5級の中田喜子が4位!

これからの活躍が期待される。

大きく成長したキスマイ千賀

「桜花 風の名残の 空の波」

作者はキスマイの千賀健永。

夏井いつき先生も作者を知ってビックリ。

あの千賀健永がこんな上手くなったとは。

中七下五の映像が素晴らしい。

キスマイでは横尾渉が名人。

最近、横尾渉の態度がでかいと不満の千賀健永。

堂々の3位!

横尾渉に近づいた。

名人横尾渉は上手かった!

名人2段のFUJIWARA藤本。

どうやら俳句のスランプ。

嫁のインスタ出演に忙しい。

そんなことを理由にしている。

名人なのに、6位だった。

そのせいか他の名人も気が気じゃない。

もしかして自分も同じ運命?

しかし、横尾渉は強かった。

「夜に入りて 雨になりにし 花万朶」

花万朶(はなばんだ)とは、

たくさんの桜の枝が垂れさがった様子を表す。

春の季語、きれいな言葉である。

横尾渉は、2位!

やはり名人であることを千賀健永に強くアピール。

千賀健永の背中をポンポン。

俳句の仕事場に入ってほしくないってのが本心のようです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー