Aスタジオ伊調馨を支えた姉千春と先輩岩崎襟&恩師澤内和興


スポンサーリンク

[Aスタジオ] ブログ村キーワード

2017年5月5日のAスタジオ。

ゲストは伊調馨32歳。

2016年オリンピック4連覇を達成。

国民栄誉賞が授与された。

そんな伊調馨を支えた素晴らしい人々を紹介。

共に戦った姉・千春

現在、高校教師をしている伊調馨の姉・千春。

アテネと北京五輪で銀メダルを獲得。

現役を続行するか悩んでいた伊調千春。

伊調馨に相談。

「二人で金を目指すのはやめよう」

それが伊調馨の答え。

伊調千春は妹・伊調馨がもっと高みを目指しているのがわかった。

伊調馨は姉が減量する姿を見るのがツラかった。

48キロで戦っていた伊調千春。

普段は53キロか54キロ。

それを5日間くらいで落とす。

不器用な試合運びで、年齢も高くなっている。

本人よりも近くの人の方がツラく感じることもある。

仲良しの先輩で親友の岩崎襟

4つ上の先輩、岩崎襟。

伊調馨が高校生の時、大学生だった岩崎襟。

引きこもりぎみだった伊調馨

レスリングの練習後、ご飯を食べる。

その後は自分の部屋に引きこもり。

先輩たちがいなくなってから後片付け。

岩崎襟はいつも帰り際に声をかけてくれた。

岩崎襟は伊調馨と絶対友達になりたかった。

とても努力してきた先輩。

それでも世界一になれなかった。

努力では負けていると感じる伊調馨

恩師の愛に支えられて

伊調馨は青森県八戸出身。

八戸クラブ、澤内和興コーチがレスリングの恩師。

小学校3・4・5・6年生で全国大会で優勝。

中学時代に負けたことがなかった相手に負けてしまった。

あまりにもショックが大きすぎた伊調馨

練習を1か月以上休んだ。

澤内コーチはずっと電話すべきか悩んでいた。

ある日、ふっと練習に来ていた伊調馨

誰もいないところでガッツポーズをした澤内コーチ。

電話しなくて良かったと思った。

その後はいつもような対応。

休んでいたことについて何も言われなかった。

それが澤内コーチの優しさだとわかっていた伊調馨

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー