健康カプセル!砂糖を越える甘味料のメリットと飲む点滴甘酒


スポンサーリンク

[健康カプセル! ゲンキの時間] ブログ村キーワード

2017年5月28日の健康カプセル!元気の時間。

話題のネイチャースイートソースに注目。

砂糖に代わる天然甘味料。

甘いのに低カロリー。

メイプルシロップとハチミツ。

そして、飲む点滴と言われる甘酒を紹介。

砂糖、メイプルシロップ、ハチミツを比較

カエデの樹液から作られるメイプルシロップ

そしてハチミツのカロリーどを砂糖と比較。

甘味料カロリー/100g糖度GI値
砂糖384kcal
67.6109
メープルシロップ257kcal56.846
ハチミツ294kcal70.688

砂糖と比べてカロリーが低い。

糖度ではハチミツの方が上。

血糖値の上昇値を見るGI値。

メープルシロップの方が血糖値上昇が緩やか。

メープルシロップのメリットと利用方法

メープルシロップは高血圧を予防する効果に期待。

塩分を排出するカリウムが豊富に含まれている。

メープルシロップは樹液特有の香気成分が含まれる。

これが料理にコクを与える。

肉じゃがなどに使用すれば低カロリーで美味しく出来上がる。

ハチミツのメリットと利用方法

免疫力アップが期待されているハチミツ。

肉料理におススメ。

ハチミツのブドウ糖と果糖が肉の繊維質に入り、

焼いた時のタンパク質が固まるのを防ぐ。

肉を分解するプロテーゼも含まれている。

ステーキの両面に薄く塗り、

15~20分後に焼くのがおススメです。

米麹で作る甘酒

飲む点滴と言われる日本生まれの飲み物。

甘酒。

酒粕から作るものと米麹から作るものがある。

東京千代田区の”天野屋”。

米麹による甘酒作りを教えてもらった。

まずは、せいろでお米を蒸す。

同量の米麹と合わせる。

蒸し上がった米と米麹を1対1の割合で混ぜる。

60度の温蔵庫で約10時間保管し発酵。

甘みを出す為に、常温に出して2~3日保管。

完成した甘酒の元に水を加える。

甘酒の健康効果とは?

ビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖を含む甘酒。

米麹による甘酒は発酵しているので吸収しやすい。

夏バテ、胃もたれを予防する効果を発揮。

米麹を使用した甘酒はペプチドを含んでいる。

酒粕タイプと比べて消化しやすい。

血圧上昇を抑える効果もある。

酒粕からできた甘酒のメリット

酒粕タイプはレジスタントプロテインが含まれること。

脂を吸着して体外に排出してくれる。

悪玉コレステロールを減らす効果が期待できる。

甘酒にちょい足しレシピ

甘酒は常温で飲むのがおススメ。

温めすぎるとペプチドの効果がなくなる。

温度を下げると効果が鈍る。

ちょい足しなら、きな粉がおススメ。

きな粉は食物繊維が豊富。

腸内環境を良くする効果が期待できる。

女性ホルモンに似たイソフラボンが含まれる。

美肌効果も期待できそうです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー