ボクらの時代郷ひろみパジャマと歯磨きとお嫁サンバへの想い


スポンサーリンク

[ボクらの時代] ブログ村キーワード

2017年5月14日のボクらの時代。

郷ひろみ、リリー・フランキー、テリー伊藤が出演。

郷ひろみは1日にしてならず。

郷ひろみを作る日常。

そして今の胸中を語る。

郷ひろみのパジャマはホテルで買う

郷ひろみが真面目すぎてパンクだと語るリリー・フランキー。

どこが真面目なのか?

例えば、パジャマ。

ホテルでパジャマを買っている郷ひろみ

買う時はまとめて4~5枚購入。

毎日使うものなので破れないように補強もしている。

股の部分が弱くて補強している。

更に、名前を刺繍。

パジャマに刺繍です。

よほど気に入っていると思われます。

尚、ネットで見ると購入先のホテルは、

リッツカールトン大阪みたいですよ。

1本ずつ歯磨きする郷ひろみ

「真面目を突き詰めるとすごい!」

リリー・フランキーは郷ひろみの歯磨きにも言及。

郷ひろみはどのように歯を磨いているのか?

歯ブラシ3本くらいを使い分けて使用。

1本ずつ磨く用の歯ブラシ。

その他にスクレーパーやデンタルフロスを駆使。

歯磨きに10分くらいかける。

朝、昼、ディナー前と寝る前に歯磨き。

最低1日に4回は行うのです。

郷ひろみは体のバランスも考える

歯磨きや箸は左手で行う郷ひろみ

本当は左利きではない。

右利き。

しかし、6~7年前から左手を使うようになった。

これは体のバランスを考えてのこと。

これも真面目の行きつく姿なのか?

歌謡曲に否定的だった時期もあった

郷ひろみの新曲「スキだから」

102枚目のシングル。

男性の気持ちをストレートに伝えた曲。

自分を常に変えてきた郷ひろみ

変化の先に進化を求めてきたと言う。

郷ひろみを天職だと思えたのはある時期から。

「お嫁サンバ」ではなくてカッコイイ曲を歌いたい。

歌謡曲はもういいと思っていた郷ひろみ

40代でアメリカで勉強。

結婚、離婚を繰り返した。

「歌謡曲のど真ん中にいることが郷ひろみなんだ」

吹っ切れたのが50歳ころ。

カッコイイ音楽は他の人に任せようと思えた。

試行錯誤を重ねた結果行き付いた。

今は全く抵抗なく”お嫁サンバ”を歌える。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー