WBS相乗りアプリのノリーナは新しいヒッチハイクの形を提示!


スポンサーリンク

[ワールドビジネスサテライト] ブログ村キーワード

2017年8月15日のWBS。

車を使った新しい移動手段。

現代版ヒッチハイクが広がりつつあった。

アプリで行うヒッチハイク

茨城県取手市。

ロータリーに停まっている車。

傘をさした男性が車に近づいている。

もう一つの手に大きなトランク。

挨拶もそこそこ荷物を積み込んで出発。

ドライバーは島田さん。

ひな人形の販売が仕事。

茨城から東京渋谷へ行く途中。

同乗したのは、水畑さん。

普段はタイで仕事をしている。

今は帰省中で、渋谷に向かっている。

島田さんと水畑さんは初対面。

二人を繋いだのは、アプリのノリーナ

相乗りアプリ、ノリーナ

ある目的地に行くドライバー。

同じ方向に行きたい人。

両者をマッチングするアプリ。

ノリーナ”。

同乗者の水畑さんが利用した理由。

「荷物が多くて大変」

「乗り換えも多い」

ドライバーの島田さんは、

「一人で行くと眠くなる」

車好きのユーザーを増やしたい

相乗りアプリ、ノリーナ

開発者は株式会社ゼロトゥワン。

車の中古部品をネットで販売している。

どうして”ノリーナ”を作ったのか?

社長は河野映彦さんの目的は、

車好きのユーザーを増やすこと。

2016年10月にサービスを開始。

2017年7月、約800件の相乗りが成立した。

ノリーナの利点

相乗りアプリ、ノリーナを利用中の二人。

ドライバーの島田さんが高速代を払う。

水畑さんは特に支払おうとしない。

ガソリン代と高速代1721円をアプリを通して支払い済み。

お金は先払い。

今回の道程、茨城県藤代駅から東京の渋谷まで。

電車の場合、906円。

タクシーだと、2万円。

1時間半で渋谷に到着。

同乗者の水畑さん、

「ストレスもなくスムーズに行けて快適だった」

「荷物もあるので非常に楽だった」

ドライバーの島田さん、

「楽しいし金銭面でも楽」

イベントで集客

どのような人が主に利用しているのか?

スポーツ観戦や音楽フェスなどが多いことが判明。

相乗りアプリ、ノリーナでは、

スポーツ観戦や音楽フェスの情報も表示している。

今後はスポーツのイベントホルダー、

音楽などのコンテンツホルダーと提携。

イベントで利用者を増やしている。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー