セブンルール玉城絵美は引きこもりながら外の世界を感じ取る


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2017年11月21日のセブンルール。

工学研究者、玉城絵美33歳。

2011年、アメリカのTIME誌が選ぶ”50の発明”。

玉城絵美のポゼストハンドが選ばれた。

更に東京大学大学院、総長賞も受賞。

ノーベル賞候補と言われる玉城絵美

そのセブンルールとは?

多忙なリケジョ

人の腕に電気刺激を与えて操作。

画期的な玉城絵美が発明、ポゼストハンド。

2016年にはナイスステップな研究者に選ばれた。

ノーベル賞受賞者の天野浩や山中伸弥も選ばれたことがある。

科学技術への顕著な貢献をした研究者の証。

そしてある日の東京都新宿。

早稲田大学の実体情報学博士プログラム工房。

玉城絵美は創造理工学研究科の准教授でもある。

学生を指導しながら、人とコンピュータが

相互的に情報共有するためのシステムを研究。

更に内閣府の科学情報専門調査会に出席。

国から支給される各研究への予算配分の検討や、

現在行われている研究報告などを行う。

そしてH2L Inc.を研究成果を商品化するために創業。

1 1日の仕事を数値化する

超多忙な玉城絵美

毎日どのくらい仕事ができたのかを数値化している。

名付けて、HWV(ハッピーワーキングバリュー)。

玉城絵美が独自に考えた計算方法。

仕事の件数×かけた時間×重要度×緊急度で総合値を求める。

毎日記録し定期的に振り返る。

仕事の効率の悪い日と良い日の傾向が見えてくるのだ。

本当にやるべきことを精査するのに役立つらしい。

頭のいい人の考えることはスゴイ。

2 わからないことは人に頼まない

玉城絵美が開発したポゼストハンド。

本人の意思に関係なく腕や指を動かすことができる装置。

開発するには情報工学や生理学の知識が必要。

専門以外の分野の協力を得ないといけない。

まるっきり相手の分野を知らずに頼むのは失礼にあたる。

多少なりとも勉強してから頼む。

それが玉城絵美流。

わからないから頼むってのは一般人なのか…。

3 ボロボロの時は明るい服を着る

超多忙の玉城絵美

疲れることもある。

そんな時は気持ちが晴れやかになる服を着る。

例えば、艶やかな花柄のワンピースとか。

研究だけではなく身だしなみにも気を遣う。

それが最近のリケジョである。

4 文鳥の匂いを嗅いでリラックスする

一人暮らしの玉城絵美

相棒は文鳥。

文鳥を自分の顔に近づける。

食べちゃうのかと思ったが、実は匂いを嗅いでいる。

文鳥はメイプルシロップのような匂いがするらしい。

文鳥には迷惑な話である。

5 寝る前に最低1冊は読む

玉城絵美が寝る前にすること。

それは、読書。

最低でも一冊は読むらしい。

速記を学んでいるのか読むのが速い。

読む本も多岐にわたる。

”アーキテクチャの生態系”

”漫画でわかる仏像”。

専門外のものを多く読む。

玉城絵美は色んなことに興味を持っているのです。

6 血糖値を上げるために甘いものを配る

ある日。

H2L Inc.にて。

玉城絵美はお菓子を配り始める。

これは脳に必要な糖分を補充するため。

そして、甘いものは人を笑顔にする。

コミュニケーションをしやすくするのも目的の一つ。

7 できるだけ引きこもる

玉城絵美は沖縄県北谷町生まれである。

子供の頃、先天性の心疾患で長期入院。

至れり尽くせりだった入院生活。

本人は結構、気に入っていた。

しかし入院生活で辛いのは家族旅行に行けないこと。

出かけずに外の体験ができるシステムを作りたい。

この為に玉城絵美は研究を続けている。

究極の引きこもり環境を作ろうとしているのです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー