セブンルール平野紗季子は食べた時の空気感を記録するご飯狂


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2018年2月6日のセブンルール。

フードエッセイスト平野紗季子27歳。

自称”生粋のごはん狂”。

雑誌連載5本を持っている平野紗季子

食に対する思いを語る。

1 毎日食日記をつける

ある日の平野紗季子

食べ歩きをテーマに人形町にいる。

たい焼き屋「柳屋」。

たい焼きの焦げた部分をハサミで落とす。

見た目にも香ばしそう。

柳屋の向かいはお茶屋。

雑誌「Hanako」で平野紗季子が文章化。

「口に入れなくても匂いだけで ごはんは楽しい」

「店には一銭も払わずに匂いだけ。

借香(なんて単語はないですけど)する貧困マリアージュだ」

マガジンハウス編集者青山洋行さんも絶賛の文章。

平野紗季子の想いの原点は食べ物の体験を残したいってこと。

食べ物のキャラ立ちを考えている。

振り返った時に体験が蘇ることを意識しているのだ。

小学生から付けている食べ歩きダイアリー。

2002年10歳くらいから書き綴っているのだ。

突き詰めるって素晴らしい。

2 食事した店では何かしら持ち帰る

「美味しい」幸せをエネルギーにしている平野紗季子

食べること、描くことが人生。

取材で静岡県伊豆に行く

カネサ鰹節商店へ行く。

5代目芹沢安久さんがカツオを捌く。

平野は味だけでなく製造工程からも食を掘り下げる。

気になったことは何でも聞く。

鰹節の取材後に近くのうどん屋さんへ行く。

「喜久屋食堂」で潮カツオうどんを食べる。

伊豆の名物である。

塩漬けしたカツオの干物をふりかけ状にしている。

この店では海苔とカイワレ大根もトッピング。

よく混ぜて食べるように言われる平野紗季子

この時の体験を「RICE No.6 WINTER 2018」に記載。

「汁なし出汁うどんの趣で美味!」

食事後、平野紗季子は箸袋を持って帰った。

箸袋だけではない。

時にはお菓子を包んでいた紙。

マッチやお店のカードなどを持って帰る。

お店のカードは5000枚以上。

食との思い出を手放すことができないのだ。

骨を貰って帰ることもある。

それが一軒だけではない。

ここまで行くと付いて行くには困難だ。

3 ごはんは一人で食べる

平野紗季子は会社員である。

広告大手の博報堂。

勤務時間外や週末に取材。

これで雑誌の連載5本をこなしている。

身体が持たない感じがする。

会社の人も不審がられることもある。

それを考えると気が重くなりそうだ。

会社の昼休みに一人で出かける平野紗季子

一人で食べるのが好き。

赤坂「一龍」で雪龍湯(ソルロンタン)を食べる。

人と食べると味がしなくなる。

話すことを主にすると食がおろそかになる。

ネットで就寝までいろんなコミュニティと接続。

せめて食事くらいは集中したいのだ。

4 ショートケーキは背中から食べる

週末。

自宅で原稿の締め切りに追われる平野紗季子

ショートケーキで一休み。

ショートケーキは背中から食べる平野紗季子

ショートケーキの背中とはどこか?

鋭角にとんがっている部分と逆の方。

ホールの丸みのある方が背中。

最初の一口目が一番美味しいと思う平野紗季子

満腹になると食への感受性が鈍ると分析。

一番濃厚な部分を一番最初に食べたいと結論。

逆にいうと、尖っているところから食べると、

イチゴがクライマックス。

残りのクリームは「斜陽感バリバリ」。

「惰性で押し込む一口」だと評する。

やはり平野紗季子の言葉は面白い。

5 着痩せする服しか着ない

街を散歩する平野紗季子

気になった店は迷わずに入る。

一日5食食べることもある。

それでも太っているようには見えない。

それは着痩せする服を着るようにしているから。

コンプレックスを隠すようにしている平野紗季子

例えば、スカートはひざ上のものは穿かない。

6 自炊する前にレシピを書きなおす

食べ歩くことが多い平野紗季子の毎日。

ある日、スーパーで買い物。

食べることは好きだが料理は苦手。

「底辺料理記」なるものをWEB平凡で連載中。

料理で凹む平野紗季子

できるだけ失敗したくない。

いつもレシピを紙に書きなおしている。

書きながら吟味する。

途中で一晩寝かすってことを知って愕然ってこともある。

24時間以上かかる料理だったのか~。

「豚バラとレンコンのベトナム風煮込み」を作る平野紗季子

煮込んでいる間にサラダも作ってみた。

クシ切りのトマトを大きくトッピング。

「2日間お風呂に入っていない人の頭」と酷評。

煮込みの味は普通。

自分の料理の味には満足できない。

7 美味しくなくてもいい

食に味以外の価値を感じている平野紗季子

食べるものはまずくてもいい。

そこで食べた時の空気感。

店員さんと交わした会話。

店の物語や食体験に没入することが好きだと話す。

「映画を観る感覚に似ている」とも言う。

いろんな料理がある。

ほんとうに食べることが大好き。

根っからのごはん狂なのだ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー