バズリズム02竹原ピストルの悩みは抑えきれない体育会系気質


スポンサーリンク

[バズリズム] ブログ村キーワード

2018年2月9日放送のバズリズムⅡ。

ミュージシャン竹原ピストル。

2017年は紅白歌合戦に初出場。

直球の歌詞と巧みなギターで観客を魅了。

しかし、普段の竹原ピストルは悩んでいた。

何に?

体育会系が出そうなんです⁈

体育会だけが世の中じゃない

竹原ピストルの高校、大学時代。

ボクシング部に籍を置いていた。

ここでトコトン体育会系を叩きこめられた。

すべての行為は先輩のためにある。

竹原ピストルの右の眉毛にキズがある。

大学1年の時。

先輩のために扉を開けようと準備していた竹原ピストル

その時先輩の機嫌が悪かったのか、

先輩が扉の向こうから扉を蹴って入ってきた。

扉は竹原ピストルの顔面にぶつかった。

心の声は「痛い!」と叫んでいたが、

体育会系では言えない。

竹原ピストルが「押忍っ!」としか言えない。

教育の恐ろしさ

高校、大学とすっかり体育会系に染まった竹原ピストル

社会ってこういうものだと思っていた。

しかし、それは間違いだと気づいた。

それはバイト先。

バイトの先輩にも体育会系のノリで対応。

完璧にうざがられた。

体育会系のノリで先輩に尽くすのは不要だと知った。

後遺症との戦い

バイト先で世間を知った竹原ピストル

体育会系を抑えることに。

しかし、

一度染みついたものは簡単には消えない。

竹原ピストルは後遺症に悩まされることになる。

体育会系気質がうずく時

お世話になっている先輩と酒を飲む時。

体育会系の血が騒ぐ。

先輩の酒の減りが気になる。

注ぎたい…。

先輩がタバコをくわえる。

火を点けたい…。

先輩がタクシーに乗る。

後部座席のドアを開けたい…。

でも、先輩によっては嫌がられる。

事務所の先輩、山崎まさよしの時なんかも。

本当は体育会系のノリで礼を尽くしたい。

それを抑えに抑えている竹原ピストルなのです。

体育会系が必要なときは…

体育会系の対応なら竹原ピストルに任せてほしい。

例えば、バカリズムやマギーの大事な商談のとき。

相手がバチバチの体育会系だったら、

是非、俺を連れていってくださいと勧める竹原ピストル

しかし、先方が失礼な発言をしたときは、

きな臭くなります。

体育会系を超えて任侠の世界だとバカリズムに言われる。

確かにそんな勢いがあります。

竹原ピストルが落ちつく場所

テレビ局やラジオ局や撮影現場など。

竹原ピストルは出させていただく立場。

気を遣いたいだけ気を遣う。

これは楽なんです。

もっと落ちつくシチュエーション。

ボクシング界のOB会なんです。

先輩に心ゆくまで酒を注げる。

タバコに火を点けてもやり過ぎじゃない。

後輩に、周りよく見ろと注意したり。

体育会系を抑え込まなくていいのです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー