ミヤネ屋マススタート初代女王高木菜那選手の戦略を徹底解説


スポンサーリンク

[ミヤネ屋] ブログ村キーワード

2018年2月26日(月)放送のミヤネ屋。

劇的結末マススタート金メダルの高木菜那選手の戦略を徹底解説。

勝つ為に必要な要素をルール解説も交えて分析。

マススタートのルール

  • 大人数が同時にスタート
  • 400mトラックを16周
  • 1周目は加速禁止
  • ポイントを競う

4・8・12周後に得られるポイント

  • 1位通過:5ポイント
  • 2位通過:3ポイント
  • 3位通過:1ポイント

16周後

  • 1位通過:60ポイント
  • 2位通過:40ポイント
  • 3位通過:20ポイント

勝つ為に必要な要素

  • 戦略
  • 駆け引き
  • 判断力
  • スタミナ
  • スプリント力
  • コーナーリング技術

個人種目ながら同国の選手同士が連携しながらレースを行うチーム戦の側面も。

準決勝での高木菜那選手の戦略

4周目を1位通過し5ポイント獲得。

上位8名が決勝進出できるので後は後方について体力温存。

結果5位で決勝に進出。

決勝での巧みな戦略

序盤~終盤

オランダ・スハウンテン選手を背後で徹底マーク。

高木菜那選手は155㎝。スハウンテン選手は168㎝。

ピタリと後ろに付いて風除けにした。

日本がずっと練習してきたワンラインの技術技術が、ここでも生きた。

高木菜那選手によれば、オランダ勢二人で最後に仕掛けてくるとの読み。

後ろにつき、狙えるところで狙う作戦を取った。

15周目

3位から2位に順位を上げる。

先頭に出ると脚のスタミナを使ってしまう。

最後の最後まで先頭に出ない戦略をとる。

16周目

最終コーナーの前のコーナーでスハウテン選手が外側に膨らむ。

その時にインから抜けると思った。

高木菜那選手がインをとった事で韓国のキム・ボルム選手はインにもアウトにもいけない状況に。

前後左右に気を配れる才能は幼少期のサッカーで養われたもの。

初代女王に輝いた高木菜那。

このマススタートが北京でも行われる保証はまだない。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー