セブンルール助宗佑美は漫画家の力を引き出す気配り編集者!


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2018年4月24日のセブンルール。

講談社少女漫画家編集者、助宗佑美。

個性がない。

一つの物事に集中ができない。

個性のなさを悩んでいた助宗佑美。

出版社の仕事で個性がないことも良いと考えるようになる。

そんな助宗佑美のセブンルールとは?

1 男の友人は作らない

夜7時、助宗佑美は漫画家と打ち合わせ。

漫画雑誌「Kiss」「ハツキス」の編集者。

担当する漫画家は、高須賀由枝、東村アキコ、石田拓美など。

おそよ20人。

ストーリーの構想を一緒に考えたり、

読者目線で意見を伝えたりする。

この日は石田拓美と”カカフカカ”の打ち合わせ。

シェアハウスで暮らす男女の恋愛物語。

女子がキュンとする男子の仕草を語る。

常に妄想する女子でいたい助宗佑美。

夫以外に親しい男友達を作らない。

2 メール・LINEは即レス

午前10時半に出社。

まずは原稿を印刷所に入稿する前の作業をする。

セリフやモノローグの文字の書体などを指定する。

次はオトナ少女漫画大賞の選考会議に参加。

会議中、スマホやパソコンを操作する。

常にメールをチェックをしていた。

相手をお待たせしない。

ケアレスミスを失くすためにデスクはキレイにしている。

漫画家は当たり前のことができない人が多い。

漫画家はアーティストとしての仕事をすればいい。

助宗佑美はそれを支えていく。

3 何時に帰っても朝7時に起きる

助宗佑美の仕事は不規則である。

夜の10時半に仕事が終わることもある。

漫画家を支える助宗佑美を支える人がいる。

同い年の夫、謙一郎さん。

妻の代わりに家事を行う。

朝は謙一郎さんが朝食の準備。

その間に助宗佑美は5歳の息子が幼稚園に行く準備。

2011年結婚した二人。

半年後に出産した。

助宗佑美は仕事を辞めるつもりがなかった。

専業主婦の母親に育てられた謙一郎さん。

出産の2週間前に退職。

専業主夫になることを決めた。

息子は少し迷惑そうだが、なんか楽しそうに見える。

仕事が忙しい助宗佑美。

息子とゆっくり話せるのは朝食の時間だけ。

夫が息子を幼稚園へ送りに行く。

助宗佑美が息子にかけた言葉は、

「また明日、バイバイ」

4 財布の紐は握らない

普段、パート勤務をしている謙一郎さん。

週一日休みがある。

そんな日は二人でカフェに行く。

さて助宗家のお金事情はどうなっているのか?

基本、助宗佑美はお金の管理はしない。

謙一郎さんは何かを購入する時、妻の許可をもらう。

お互いの総意のもとで買っている安心感があるらしい。

でも、

「誰の金でこの家が回ってるんだって言ったら俺は離婚する」

と言われたそうだ。

同じようなことをたくさんの専業主婦たちが思っているのかも。

5 服は夫に選んでもらう

自分には個性がないと言う助宗佑美。

洋服は夫、謙一郎さんが選んだものを着ている。

夫に勧められるといいかなって思ってしまう。

仲がいいってことなんだな。

6 担当漫画家の人生をプッシュする

助宗佑美が高須賀由枝の担当をするようになって5年。

締め切りを延ばすが常だった高須賀由枝。

「長く漫画家を続ける為に締め切りを守ることが大切!」

それを躊躇なく助言した助宗佑美。

目の前のことだけでなく将来のことも考えてくれる存在。

助宗佑美は過去の作品を電子書籍にする作業を行っている。

作品が多く読まれることで漫画家に収入が入ることになる。

大好きな少女漫画の良さを多くの人に知ってほしいのだ。

7 個性はなくても良しとする

東京タラレバ娘 海月姫の作者、東村アキコと打ち合わせ。

助宗佑美は連絡事項を伝ただけ。

時間は約15分で終了。

ツーかーなので敢えて口にしなくてもいい関係なのだ。

さて、石田拓美の場合。

いくつも質問し、漫画の中に答えを導こうとしている。

時間は約2時間。

何を言っても揺るがないものが石田拓美の中にはある。

だから何でも言える。

漫画家によってアプローチを変える助宗佑美。

漫画家の個性を受け止める存在である。

助宗佑美は若い頃、個性がないと悩んでいた。

今は個性の多い人たちを受け止める役割りをしている。

個性がなくてもやるべき仕事はある。

個性がないことが良いことだと考えが変わっていた。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー