セブンルール小林由実good sleep bakerとビールの美味しい関係


スポンサーリンク

[セブンルール] ブログ村キーワード

2018年5月22日のセブンルール。

夜のパン屋さん。

”good sleep baker”。

オーナーは小林由実32歳。

営業時間は夕方6時から深夜1時まで。

但し日曜は午後3時から10時まで。

大人のためのパン屋さん。

小林由実のセブンルールとは?

1 ビールに合うパンを作る、

松陰神社前駅のすぐ隣りあるパン屋。

”good sleep baker”。

小林由実は午後2時にパン作り開始する。

一人で黙々とパンを焼く。

事務作業も一人で行う。

夜に開店する店。

生活リズムを整えるのが大変である。

ビアパブも併設している。

焼き立てパンとビールを楽しめるように。

大人のためのパン屋さんなのだ。

例えば、パクチーベーコン。

基本はベーコンエピ。

塩気を濃くして、パクチーをアクセントに。

焼きあがりにごま油を塗っている。

ビールが進む計算なのだ。

2 パンを寝かせて帰る

小林由実は幼い頃からお菓子作りが好きだった。

高校卒業後、製菓の専門学校へ行く。

専門学校卒業後、就職はしなかった。

音楽の夢が捨てきれなかったからだ。

フリーターとなり様々な職に就いた。

広く浅く、何も成し遂げていない。

それが小林由実にとって引け目だった。

パン屋さんで働いていた時、

いつか自分の店を持ちたいと思うようになる。

修行しなおしてからパン屋を開く。

そんな計画だった。

しかし、それが早まった。

当時のバイト先の店長の一言がきっかけだった。

「修行とかいらないから早く始めなさい」

始めながら学ぶ方が10倍、100倍も学べる。

それからわずか10カ月で開店。

勢いで始めたが今では人気店になった。

小林由実は営業中に明日のパンの仕込みをする。

閉店前、パンを寝かせる。

低温発酵のため、寝かせる時間は18時間。

通常の発酵よりパンの香りが立つ。

しかも自分自身も眠れる。

一石二鳥である。

3 家では梅干し以外食べない

松陰神社前駅の終電は12時30~40分頃。

ぎりぎり間に合うくらいまで営業。

閉店後、帰宅した小林由実。

一人暮らしの部屋にある冷蔵庫。

電気は通っていない。

中に入っているのは梅干しばかり。

小林由実は家では食事は摂らない。

以前は自炊もしていた。

しかし、夜の仕事で自炊できない時も多い。

食材を無駄にすることになった。

自炊をやめた。

しかし、朝には梅干しを食べる。

これは子供の頃からの習慣。

冷蔵庫には梅干し以外のものも入っていた。

父親からのお祝い金。

中身には手を付けていない。

泥棒は冷蔵庫まで探さないと思っている小林由実。

だけど泥棒は冷蔵庫の中も見逃さない。

置き場所を変更することをおススメします。

4 スタッフは客さんからナンパする

小林由実は常に新作のパンを考えている。

棚に並ぶ商品のラインナップも日によって変わる。

お客さんを飽きさせないためである。

扱うクラフトビールも日替わり。

全国から3種類を用意している。

店内限定のメニューもある。

時にはペットの犬のために味付けをしないこともある。

お客様のニーズにはなるべく応えるスタイルなのだ。

そして、小林由実は他にもこだわりがある。

一緒に働いている5人のスタッフ。

全て、元お客さん。

店のことを知っている人なので一緒に仕事がしやすい。

こういうナンパはアリですね。

5 休日は記憶をなくすまで飲む

水曜日が定休日。

小林由実は大好きなビールを飲みに出かける。

代々木ビアタブの”ウォータリングホール”。

ビールの勉強にもなる。

それよりも友人がいることが大きな理由である。

次に下北沢の”風乗りメリー”。

3軒目は松陰神社前の”マルショウ アリク”。

完全に酔っているが、まだまだ帰らない小林由実。

水曜は記憶を飛ばすまで飲む。

4軒目は三軒茶屋”TICO”。

呂律が回らなくなっていた。

5軒目”プレ ド ショウイン”。

朝4時、潰れてしまった。

記憶は飛んだ。

それでも午後3時には開店準備を始める。

6 毎日 夕方5時にSNSをアップする

オープンしてから2年が経過。

イベントの申し込みも来るようになった。

しかし、小林由実は全てを断っている。

それは日常を大事にしているから。

パンも店もお客さんたちの日常であったほしい。

だから、イベントで普段のお客さんが入れないのは嫌なのだ。

開店時間の1時間前。

当日の新メニューや地域情報をSNSで発信。

毎日同じ時間に発信する。

お客さんたちの習慣になりたいのだ。

7 自分が立てない日は店を開けない

開店資金は父親が真っ先に出してくれた。

小林由実の心にいつまでも残る父の言葉がある。

「由実ちゃんがいいところは、

助けてくれる友達がたくさんいることだよ」

パンもビールも音楽も中途半端。

それが不安のもとだった。

しかし、自分の良さは別のところにあった。

周りにいる人が財産。

それを父親が教えてくれた。

小林由実の人柄に惹かれて人が集まる店。

「お客さんにとって安心できる場所になりたい」

小林由実は自分の夢を叶えていた。

そして、この店が彼女の居場所なのだ。

だから自分が店に立てない日は店を開けない。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー