ボクらの時代鈴木浩介が夫婦喧嘩で悟ったごめんなさいの価値


スポンサーリンク

[ボクらの時代] ブログ村キーワード

2018年6月17日のボクらの時代。

俳優、大倉孝二。

俳優、鈴木浩介。

カレー研究家、水野仁輔。

3人のカレー談義の続き。

普通のカレーが食べたい

大倉孝二は昔はよく家でもカレーを作っていた。

しかし、子供が小学校で給食のカレーと出会った。

「普通のカレーが食べたい」

あんなに美味しいと言っていた大倉孝二のカレー。

否定されてしまった。

父の日の放送なのに、悲しい内容である。

謝らない鈴木浩介

鈴木浩介夫妻と大倉孝二は3人で食事に行く。

3人で食事していてもケンカをする鈴木浩介夫妻。

こんな時大倉孝二はどうするのか?

奥様の味方をする。

おかげで奥様は大倉孝二が大好き。

わかってくれる人を見つけたってわけだ。

鈴木浩介は大倉孝二の前では奥様に謝らない。

大倉孝二の前の時だけではない。

鈴木浩介は基本的に謝らない男である。

「小さい男だね」と奥様から言われる。

「ごめんなさい」と「ありがとう」

それが大事だと結婚後にわかった鈴木浩介。

それなら、すぐ謝れといいたい。

大倉孝二も「それは当たり前だよ」と一喝。

自分を原点に戻すもの

6月始まる大倉孝二出演の舞台。

”ジョンソン&ジャクソン”。

出演することは楽しくない。

「いっつも辛かった」と話す。

これは役者を続ける為にやっていること。

大倉孝二がやりたいこと。

それは「面白いこと」

芝居はその為の手段にすぎない。

これの感覚。

水野仁輔も持っていた。

水野仁輔はカレーが大好きな人と思われている。

しかし、本当にやりたいことは、

「みんなで楽しく盛りあがり食事する」ってこと。

鈴木浩介の場合、一番楽しいのは舞台。

舞台の稽古も好き。

舞台をすることでドラマも楽しくできる。

感動がなくなったら辞める時

40代なかばの3人。

これからの問題はカレーではなく加齢。

水野仁輔は”カレーに飽きること”。

いつか飽きてしまうのでは…。

それに恐れおののいている。

そうすると、自分の存在意義がなくなる。

役者は心を動かす仕事。

鈴木浩介の場合は、感動しなくなった時。

それが辞め時なんだ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー