がっちりマンデー味の民芸のV字回復はサガミの覆面調査の成果


スポンサーリンク

[がっちりマンデー] ブログ村キーワード

2018年10月28日のがっちりマンデー!!。

買収~ってどうしても悪いイメージがある。

知らない人たちが会社に来る。

働いている人は首になるの?

いえいえ、すべての買収が悪いわけではない。

買収して赤字から黒字回復!

そんな企業を紹介します。

うどん屋を蕎麦屋が買収

うどん系のファミレス”味の民芸”。

全国73店舗の中堅飲食チェーン。

第一営業部部長の川口奈央さんによると、

全盛期と比べるとお客さんの入りが6割7割りに下降。

2014年の決算では8億円の赤字!

”味の民芸”を買収したのが、

”サガミホールディングス”。

蕎麦メインのファミレス”サガミ”の会社。

名古屋を中心に136店舗を展開。

2014年1月に買収。

V字回復した理由は?

買収された”味の民芸”。

川口奈央さんは、

自分たちの生活はどうなるのか不安。

しかし買収後は少しずつ回復。

買収から4年後は3億7千万円の黒字に!

どうやって回復したのか?

サガミから来た取締役社長、大西尚真さんに聞いてみた。

それは、覆面調査。

”サガミ”も以前覆面調査でV字回復していた。

定期的に覆面調査

今も定期的に行われている覆面調査。

店員として店に出向くのは、

(株)MS&Consultingの調査員。

店員さんに声をかけます。

「シンプルなうどんが食べたいんですけど」

それに対応する店員さん。

「うちのお出汁を前面に出したおうどんかきつねうどんですね」

更に、

「うどんの良さはせいろうどんの方が

歯ごたえとかお楽しみいだたけます」

調査員の評価は、素晴らしいですね。

出汁のこだわりや店の良さを上手く説明。

思わず頼みたくなる素晴らしい人とべた褒め。

しかし、残念なこともあった。

調査員さんの湯のみ。

お茶が少なくなっていた。

これに気づいて、

「お茶をお持ちしますね」って一言が欲しかった。

人手を増やした

覆面調査で何がわかったのか?

”味の民芸”は人件費の削減の為、店員を減らしていた。

結果、お客からの不満が増えていた。

店員を呼んでもスピーディに対応してくれない。

それで、人員を2~3割り増やした。

すると、売上が人件費以上にアップした。

時間帯別来店動機メニューの見直し

気付かなかったことを気づかせてくれる覆面調査。

ランチタイムにボリュームメニューが少ないことがわかった。

”味の民芸”のメイン客は年配のお客様。

うどんの単品メニューがほとんどだった。

それで、ランチに満腹セットを新たに追加。

カレーうどんと丼のセットなど。

ボリュームいっぱいである。

ランチだけでなく夜の時間帯別来店動機メニューも見直し。

居酒屋風の一品メニューやアルコールを増やした。

サラリーマンやファミリー層が増えた。

2014年の一日の平均来客数は約185人。

2017年には約240人へ増加。

”味の民芸”は覆面調査でがっちりです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー