【花咲舞が黙っていない第7話感想】食品偽装も見破る花咲舞と相馬


スポンサーリンク

[花咲舞が黙ってない] ブログ村キーワード

レストラン東京ダラスからの内部告発

花咲舞(杏)が友人から紹介されたのは、レストラン「東京ダラス」のオーナー・友田(姜暢雄)。

ルックスも性格も〇の友田(姜暢雄)に花咲舞(杏)もまんざらではなさそう。

花咲舞(杏)は友田のレストランのシェフ大塚(夕輝壽太)から相談を受ける。

友田(姜暢雄)が銀行から融資を受けるために、200万円の賄賂を行員に渡しているらしいというのだ。

花咲舞が品川支店を裁量臨店

友田(姜暢雄)に融資したのは花咲舞(杏)の銀行、東京第一銀行。

相馬(上川隆也)とともに調査することに。

融資したのは品川支店。

支店長も副支店長も融資係も臨店の花咲舞(杏)と相馬(上川隆也)には怪しく思える。

調査していくと、副支店長が小切手をもらっていたことが判明。

本人に問いただすと貸していた金を返してもらったと・・・。

このままでは証拠不十分。 相馬(上川隆也)が気になっていたのは、「東京ダラス」は
営業成績もよく、 賄賂を渡して融資を受けなければいけない状況ではないこと。

業績が上がった時期に牛肉の仕入れ額が減っているのに、メニューは変更がなかったこと。

それと花咲舞(杏)の父との会話がヒントになった。

社長思いの従業員の願いは届くのか?

エビしんじょうのあんかけ。

今まで芝エビを使っていた。

でも芝エビのの値段が上がったので、小エビを使っている。

味は工夫して同じようにおいしい。

花咲舞(杏)はこれで200万円が賄賂ではなく、口止め料だったと知るのだった。

大塚(夕輝壽太)は友田(姜暢雄)の不正をただ暴くのではなく、食品偽装を止めて、
一から出直したかったのよね。

それで花咲舞(杏)に相談し、銀行側が調査し、遠回しに友田(姜暢雄)が
改心することを望んだのよね。

大塚役の夕輝壽太はブラジル出身 「ゆうきじゃった」と読みます。

「じゃった」という名前はおじいさんからもらったんですって。

知らないと読めないわね。

この人どこかで見たことがあると思ったら、草彅剛主演の「任侠ヘルパー」に出てたんだわ。

あの時は眼鏡を掛けていたのよね。

インテリ系のやくざ役だったわ。

ほかにも色々出ているんだけど、これが一番印象的なのよね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー