55歳からのハローライフ2話6月21日ペット葬送深まる夫婦の会話


スポンサーリンク

ペットを看取る日々

村上龍原作のオムニバスドラマの第2回。

今回の主役は風吹ジュン。

高巻淑子は退職した夫(松尾スズキ)と二人暮らし。

息子は海外で暮らしている。

二人暮らしになって淑子(風吹ジュン)は柴犬を飼う。

一緒に暮らしていくうちに、ペットは家族になる。

ほんとは家族以上なのかもしれない。

ペットたちとは会話ができないから、表情やしぐさで気持ちを読み取らないといけない。

それに口答えをせず、一心に頼ってくれる。

大事な柴犬のボビーが心臓肥大の病気にかかってしまう。

夫には一人で食事をしてもらい、狭いクローゼットの中でボビーを看病する。

妻を気遣う言葉が伝わらない

ペットを「たかが・・・」と言われるのが一番傷つく。

淑子の夫も「たかが・・・」と口にする。

冷たい夫、

この子はただの犬じゃない、ボビーって名前があるのに。

しかし、夫は妻の体を心配して言ったのだ。

犬のボビーよりも妻の体が心配なのだ。

それを伝えたかっただけなんだ。

こんな狭い処で病気の犬と一緒にいたら、妻の体もおかしくなってしまう。

リビングで看病するように提案した。

ビールも飲むのを止めた。

これはボビーの病気が早く治るように願掛けだ。

しかし、そんなこと恥ずかして妻には言えない。

不器用な男は結構辛いのだ。

日本の夫たちの大半はこんなものかもしれない。

本心が上手く伝えられない。

”聞かせてよ愛の言葉を”は葬送の曲

柴犬のボビーを看取ったあと、夫のブログを何気なく読んだ。

ボビーのことが書いてある。

妻がボビーを懸命に看病していること。

妻やボビーのことを見ていると辛くなること。

ボビーは生きようと頑張ってくれたこと。

妻はボビーを楽にしてあげたい思ってであろうこと。

ボビーが亡くなるときにかかっていた音楽は大好きな曲なので、自分が亡くなるときには
妻と一緒に聴きたいということ。

淑子(風吹ジュン)はボビーの葬儀にも参加してくれなくて、薄情な人だと思っていたんだ。

でも、口下手なだけなんだよね。

そう思うと男の人って、可愛いもんだ。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー